一軒家を購入するキッカケとタイミング!

SPONSORLINK

「いつか戸建ての家が欲しいなぁ」なんて、夢のマイホーム購入を検討されている方も多いのではないでしょうか。
家は何をキッカケに「買おう」と思う方が多いのでしょうか。
また、良いタイミングとは何なのでしょうか?
家の購入は金額が大きいだけに慎重になるし、迷いますよね。
一般的にどんなキッカケで「買おう」と決めているのか。
また、タイミングとして何か基準になるものがあるとすれば、「よし家を買おう!」と決断できます。

なので、今回は家を買うキッカケとタイミングについてわかりやすくご説明いたします。

家を購入するキッカケにはどんなものがあるでしょう?

家を買うキッカケとしてはどのようなものがあるのでしょうか?

結婚

結婚はこれまでの一人での生活から、家族を持つという一つの節目になります。
また、結婚後に子供ができたりと家族が増えることを考えて、家を買うことを考えているという方もいらっしゃいます。
結婚をキッカケに家を購入するという方は多いです。
結婚を機に、家を買うというのは気持ちの面で「心機一転頑張ろう」とも思えるし良いキッカケになるでしょう。

子供ができた

子供ができたというのも、結婚同様に家を買うキッカケとしては多いです。

子供ができると、これまで夫婦二人の生活から人数が増えることもあり、今までより広いスペースが必要になります。
そのため、家を買う良いキッカケになります。

他には、こんなキッカケで家を買った人も

その他に、既に家を買われた方が購入のキッカケに挙げたのが

  • 家賃を払うだけがもったいないと感じた時
  • 両隣や上下の住人に気を遣う生活に耐えられなくなった時

です。
このように、アパートやマンションでの生活が不便に感じたり、もったいないと感じ家を買われた方もいるようです。

キッカケがあってもタイミングを間違えると失敗する

では、「結婚した」「子供ができた」から「じゃあ!」と勢いで家を買ってしまうと失敗してしまうことがあります。

「結婚した」「子供ができた」から「じゃあ!」と勢いで家を買ってしまうと失敗してしまうことがあります。
では、実際に家を購入しての失敗談をいくつかご紹介します。

  • 間取りの問題(住む人数に合わなくて狭い、または広すぎる)
  • 町内会などの付き合いが大変になった
  • 購入時にローンを組んだが、返済の計画に無理があり返せなくなった
  • 固定資産税や修繕費などを積み立てて貯めていなかった
  • やむなくせっかく買った家を売らないといけなくなったが思った金額で売れず、ローンだけ残ってしまった

などがあります。
これらの失敗の中には、人付き合いなど我慢や本人の努力で改善できるものから、購入前にキチンと考えないと努力では改善が難しいお金にまつわる失敗もあります。

このことをふまえて、じゃあどのタイミングで家を買うと失敗がないのかについて次でご説明いたします。

タイミングは、頭金を購入総額の2割用意できたとき!

「家を買う」と決断するのに、「結婚した」や「子供ができた」などキッカケは必要です。
しかし、キッカケだけでは失敗する可能性があることは先ほどの説明でわかりましたね。
失敗の中でも「ローンの支払いができない(現金がない)」となると、せっかく買った家に住むことができなくなってしまいます。
これでは、仕方ないではすみません…
このような大きな失敗をしないために、「どのタイミングで買うか」は非常に大切な問題になります。

このタイミングとは、ズバリ!

「家を買うのにかかる総額の2割の頭金が用意できたとき」

です。

例えば、2000万円の家なら頭金は400万円。
3000万円の家なら、頭金は600万円となります。
頭金を払うと、銀行から借りる金額が下がるので月々の支払い金額は下がります。

最近では、「頭金0で家が買える」なんて宣伝文句も見たり聞いたりします。
しかし、頭金を0円にすると全額借りることになるので当然月々の支払い金額は高くなります。
返済金額が高いと、「何とか月々支払いができている」という状態の方は、予想外の出費があったときに支払えなくなってしまいます。

そんな失敗をしないためにも、頭金が2割必要になるのです。

なので、一軒家を購入するタイミングは「頭金が総額の2割用意できたとき」です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、マイホーム購入を決断するキッカケと、購入後失敗しないためのタイミングについてご説明させていただきました。少しでもお役に立てれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

SPONSORLINK