抵当権とは

SPONSORLINK

突然ですが、みなさんは「抵当権」って言葉聞いたことありますか?
「抵当権」は、「ていとうけん」と読みます。

あんまり聞きなれない言葉ですよね。
不動産には、ちょっと難しい法律が多く登場してきます。
この「抵当権」も、そんな法律用語の1つです。

このブログを読んでいただいている方は、多少なり「不動産」というものに興味があるか、お部屋を借りたり、お家を買ったりと「不動産」の取引に関わろうとしている方が多いと思います。
なので、今回は不動産についてお話しをしていく中で必要な知識の一つである「抵当権」について、わかりやすくご説明します。

どういう意味?

まず、「抵当権」とは一体どういう意味なのでしょうか。

「担保(たんぽ)」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?
「担保なら聞いたことくらいわある」という方も多いと思います。

抵当権は、担保の一種です。
と言われても、まだピンとこないですよね。

では、抵当権を例を交えて簡単にご説明します。

例えば、Aさんが家を買おうと思ったとしましょう。
しかし、Aさんは家を現金で一括購入するほど貯金がありません。
そのため、貯金で足りない分を銀行から借りることにしました。
銀行は、利息で利益を出しているのでお金を貸したいわけですが、もしAさんが返せなくなってしまったら損をしてしまいます。
なので、Aさんの収入などを調べてキチンと返してくれる人なのかを見極めます。
それでも、リストラに合うなどの万が一ということが起きる可能性もあるので、その時にどうするかも考えておく必要があります。
この万が一が起こった時に備えて銀行がとる手段として、「ローンが払えなくなったら、その購入した土地や建物を(銀行が)もらいますよ」という方法をとります。
そして、銀行はその土地や建物を売って返済にあてるのです。
このローンが払えなくなった場合、銀行が土地や建物を優先的にもらえるようにする権利を「抵当権」と言います。
抵当権は、担保の一種なので「担保」も同じような意味になります。
もっと簡単に言うと、銀行が貸したお金を返してもらうための人質のようなものといえばわかりやすいでしょうか。

抵当権のついた家を買う

まず大前提として、抵当権がついた家というのは、抵当権がついたまま自由に人に貸したり売ったりすることができます。

これだけ聞くと、
「抵当権のついた家を買うのって何か危ないんじゃないの?」
と思いますよね。

抵当権がついた家を売ろうとしている方は、一般的に売ったお金で銀行に借りたお金を返そうと思っている人がほとんどです。
そのため、抵当権付きの物件を購入すること自体が「危険」というわけではありません。

「じゃあ安全なんですね」
と言われると、「安全です」とは言い切れない場合があるので注意が必要です。

どんな場合には安全じゃないのかというと、売った金額が銀行に返さないといけないお金より少ない場合です。
これでは、返済が完了していないので銀行も抵当権を外すことができません。

なので、抵当権付きの家を購入するときには、事前にお金を貸している銀行に「抵当権を消すことができますか」と確認をしておく必要があるでしょう。
または、仲介してくれる不動産屋に聞いてみてください。
「大丈夫だろう」と確認を怠るとトラブルのもとになってしまいますから、気になることはどんな些細なことでも聞いて確認することが安全な取引をするコツです。

抵当権がついているか調べる方法

これまで、抵当権というものがどういうもので、ついた物件を買う場合はどんなことに注意が必要かをご説明いたしました。

ここまで読んでいただいて、
「内容はなんとなくわかったけど、そもそも抵当権がついているかどうか、どうやったらわかるの?」
と思われた方もいらっしゃると思います。

なので、抵当権の有無を調べる方法をご説明しましょう。

抵当権がついているかどうかは何を見ればわかるのか?
これは、「登記簿謄本(とうきぼとうほん)」というものを見ればわかります。
「登記簿謄本?」
また、聞きなれない言葉が出てきましたね。
この「登記簿謄本」を簡単に説明すると、この土地または家がどこにあって誰の持ち物なのか、その対象となる不動産(土地や建物)について細かく書かれてある書類(説明書)です。
その中に、抵当権がついていれば必ず書かれています。

取得方法

では、この「登記簿謄本」どこでもらえるの?
これは、法務局という所で購入することができます。
1通600円かかります。
他にも「登記・供託オンライン申請システム」というものがあり、ネットで請求することができます。

http://www.touki-kyoutaku-online.moj.go.jp/index.html

必要事項を入力していけば、謄本を郵送してもらえます。
このオンラインを使用すると郵送されてくる時間が必要になりますが、費用が1通500円と窓口で購入するより100円安いようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「抵当権」というあまり聞きなれない言葉について説明させていただきました。
ちょっと難しい言葉ですが、不動産の取引においては是非知っておいていただきたい内容ですので、できる限りわかりやすく説明させていただきました。
不動産に興味のある方や今後家の購入を検討されている方が、失敗しないための知識として少しでもお役に立てれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

SPONSORLINK