【20代女性】一人暮らしで貯金するコツと平均の貯金額を知ろう!

SPONSORLINK

20代女性が一人暮らしを始めるきっかけとしては、「就職で…」なんて方が多いのではないでしょうか。

就職して一人暮らしを始めると、当然ですが会社からのお給料で毎月やりくりしなければならなくなります。
就職したばっかりだとお給料も少ないでしょうし、楽に生活できるほどもらっているという方はほとんどいないでしょう。
それなのに、一人暮らしでは実家暮らしのときと比べて「家賃」や「光熱費」など今まで気にしなかったような費用がかかってきます。
これでは、生活していくというだけでも大変そうですよね。

しかし!
就職して「貯金0」って、なんだか不安じゃないですか?

就職したてや働き始めて間もない経済的に厳しいときにこそ貯金ができるようになっておけば、将来のための備えになりますし、貯金をするという事に対してのハードルは下がります!

でも、いきなり「貯金してください!」では、何から始めれば良いのかわかりませんよね。
それに、他の人はどのくらい貯めているいるものなのかも気になるでしょう。

そこで今回は、20代女性の貯金の額は一般的にどのくらいあるのか、またこれから貯金をするためのコツをご紹介していきます。

20代女性の貯金ってどのくらい?

実際に、一人暮らしをしている20代女性がどのくらい貯金をしているのか見ていきましょう!

毎月の平均貯金額

ずばり!
20代女性の毎月の貯金額の平均は、約30,000円です!

いかがですか?
高いと思った方や、もっと貯金できているという方もいると思います。

「高い」と思った方の中には、「そんなに貯金にまわす余裕はない!」
という方もいらっしゃるでしょう。

これはあくまで平均ですので、大丈夫です!
「都心か地方か」、「職種」、「年齢」などによって収入は変わります。
当然ですが、収入が違えば貯金できる金額も違ってきますよね。

なので、ここで貯金額の目安として覚えていただきたのは、貯金の理想は収入の10%という事です!

一人暮らしの20代女性の預金額

毎月の貯金の額は、平均で約3万円とお伝えしました。

この計算でいくと、年間約36万円貯金できている計算になります!

これだけ聞くと皆さんずいぶん貯金しているように思いますよね?

しかし!
20代女性の預金額で割合として1番多いのは、100万円未満です!

20代は、仕事でのストレスなど飲みに行ったり、旅行に行ったりと遊んで発散させるため、貯金よりも交際費などにお金がかかり、結果的に貯金にまわすお金がないという事になります。
特に、20代前半だと収入が少ないのに生活費等にお金がかかるため、なかなか貯金までする余裕がないという方が多いようです。

貯金ってなんで必要?

20代で収入も少ないのに、貯金をこつこつしていくというのは大変そうに思いますよね。

では、なぜ貯金をしておいた方が良いのか、今後どんなことにお金がかかってくるのかについてご説明いたします。

結婚式

今後の生活でお金がかかりそうな事の一つが、結婚式ですよね。

結婚式には、どのくらいの費用がかかるかご存知ですか?
式の規模や時期、場所などによって金額は違ってきますが、

全国平均で約244万円!

結構かかりますよね。
旦那様がしっかり貯金があればいいですが、お互いに20代など若いと貯金も少ない可能性もあります。

なので、結婚したい!式が挙げたい!
と思ったときに納得いく式が挙げられるように準備したいですね!

マイホーム購入

結婚後などに考えるのが、夢のマイホーム購入ではないでしょうか?

マイホームの購入は、人生で1番高い買い物と言われるくらいお金がかかります。

現在は、住宅ローンの金利が低いためほぼ全額ローンを組まれる方もいますが、先々の返済を考えるとやっぱり家の価格の2割程度の現金はあったほうがいいでしょう。

出産・育児

出産で個室に入院するとお部屋代がかかりますし、その後の育児にも何かとお金がかかってきます!

出産も育児も体力的に大変なため、せめてお金の面で頭を抱えることのないように早い段階で少しずつ準備することをオススメします!

貯金するためのコツ!

貯金を始めるために、まず大切になってくるのが節約です!

家計簿をつける!

家計簿と聞くと、毎日つけるのが面倒だなとか、最初だけで三日坊主になってしまうなんてイメージがあるかたもいらっしゃるでしょう。

確かに、家計簿を細かく毎日つけるのは大変ですし、数日つけ忘れると後が大変で続かないなんてことはよくあります。

しかし、家計簿は日々の生活費を見直し、どこに無駄があるのかを確認できる貯金をするためにはあると大変役立ちます!

なので、手書きで書いていくと続かないですし、手間も時間もかかるのでスマホのアプリを使って家計簿をつけると簡単につけられます!
アプリを使えば、レシートの写真を撮るだけで家計簿がつけられるものもあります。

これなら、すぐにでも始められそうですよね。
なので、是非試しに始めてみて下さい!

生活費の節約術!

生活費の中で節約しやすいものが3つあります。

  • 食費
  • 光熱費
  • 通信費

です。

では、それぞれの節約ポイントをご説明しましょう。

食費の節約

食費の節約と言えば、何といっても「自炊」です。

ただ、注意していただきたいのが、自炊をすれば節約できるという訳ではありません!

大切なのは、食材を無駄にしないで自炊をするという事です!

一人暮らしだと、次に使うまでに時間が経ち食材をダメにしてしまうなんてことはよくあります。
そこで、食材を無駄にしないように、買ったら1回分の量に分けて冷凍してしまいましょう!

これだけでも、食費の節約効果としては大きいでしょう!

光熱費の節約

光熱費の節約のポイントは、「つけっぱなし、出しっぱなし」をやめることです!

よく聞く当たり前のことのようですが、意外に「ちょっとだからいいや」と、できない方が多いものです。

こまめに「on/off」を使い分けることで光熱費は節約できます!

通信費の節約

スマホなどの通信費が高い方は、プランの見直しをオススメします!

毎月の支払で、高いなとは思いつつもお店に行くといつも混んでて時間がかかるという思いから、プランの見直しや相談に行かない方が多いようです。

確かに、待ち時間が長く面倒に感じるかもしれませんが、毎月発生する支払いが少しでも少なくなればその分貯金をすることができます。
なので、一度時間を作ってお店に行ってみて下さい!

定期預金で毎月決まった額先に貯金する!

貯金は、「給料から生活費を引いた額」というようにしている方が多いです。
これでもキチンと貯金できていれば問題ありませんが、「遊びたい!欲しい物が多い!」20代の時期は使おうと思えばいくらでも使える時期とも言えるでしょう。

なので、お金を余らせるのではなく、先に金額を決めて貯金してしまいましょう。

そして、余ったお金で生活するのです!

最初は、「足りなくなったらどうしよう」なんて思うかもしれませんが、無ければ無いで意外と何とかなるものです!
是非試してみて下さい!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、一人暮らしの20代女性が気になる貯金について、平均の貯金額と貯金するためのコツについてわかりやすくご説明させていただきました。
少しでも役立てていただければ嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

SPONSORLINK