【20代女性・社会人】一人暮らしの部屋の家賃相場と嬉しい設備!

SPONSORLINK

20代女性の中には、就職をきっかけに一人暮らしを始めようという方や、就職して給料を貯めたお金で一人暮らしを始めようと思っていらっしゃる方もいらっしゃるでしょう。

そんな女性の方が気になる事として、
「一人暮らしの家賃ってどのくらいが相場なの?」「どんな部屋を選べば良いの?」「お部屋を選ぶときの注意点ってあるの?」
などがあるでしょう。

そんな方のために、「家賃の相場」とお部屋選びに役立つ「あると嬉しい設備」、「お部屋探しの前の準備」についてご紹介いたします。
是非参考にしてみて下さい!

一人暮らしの20代女性の家賃相場!

まず、20代女性の一人暮らしの家賃相場をご紹介いたします。

家賃を男女で比べると、男性よりも女性の方が家賃が少し高い傾向にあります。

これは、男性に比べ女性はセキュリティ面での設備がお部屋選びで重要視されるため、その条件を満たすと家賃が少し高くなってしまうという事でしょう。

金額にすると、20代女性の平均家賃は、約65,000円です!

地方の方からすると少し高いように感じるかもしれませんが、あくまで全体の平均です。

女性にとってあると嬉しい設備

セキュリティ対策

セキュリティは女性のお部屋選びで最も重要視されていますね。

女性にとって防犯対策は大切ですし、1番気にしていただきたいポイントです。

確かにセキュリティ設備がしっかりしたお部屋は、その分家賃も高くなります。
しかし、それでも女性はちゃんとセキュリティの整ったお部屋を選んで下さい!

そして、安全に楽しい一人暮らし生活を送ってください!

広い収納スペース

女性は、男に比べて荷物や衣類が多いものです。

そのため、収納できる家具を買って並べると部屋は狭くなってしまいますし、そのために広いお部屋を借りると家賃は高いのに部屋は狭いということになってしまいます。

そのため、お部屋の広さよりも収納スペースの広さのあるお部屋を選びましょう。

片付けも楽ですし、お部屋もキレイに保つことができます。

 広めのキッチン

男に比べて女性は、料理をする回数も多いでしょう。

20代の社会人では、給料も多くはないでしょうし、少ない給料で生活するためには生活費を抑える必要があります。

生活費を節約するためには、自炊して食費を抑えることが大切です。

そのため、できる限り毎日自炊する上でキッチンが使いづらいと自炊も続きません。
なので、料理をしやすいようにキッチンに広いスペースのあるお部屋を選ぶようにしましょう。

生活費の節約術を見て役立ててみてください!

お部屋探しの前に準備をしよう!

お部屋選びには、準備が必要です!

なんの準備もしないでお部屋探しに出かけると、不動産屋に行ってもいろんなお部屋があって迷ってしまい、お部屋を決めるのに時間がかかってしまいます。

そのため不動産屋に行く前にキチンと準備をしてから、行くようにしましょう。

準備しておくこと

  • 住みたいエリアを決めておく
  • エリアの相場と治安、環境を調べておく
  • 予算(家賃)をいくらまでか決めておく
  • 絶対妥協できないポイントを決めておく
  • 連帯保証人を決めて承諾を得ておく

これらの事を決めたり準備しておくと、不動産屋に行ってもお部屋選びがスムーズです。

そして、不動産屋に行く前に注意点があります。

不動産屋には、親切で対応の良い不動産屋もいれば、対応も悪く自分の都合の良いお部屋ばかり紹介するような悪い不動産屋もいます。

そこで、「オススメの不動産屋の見つけ方」を参考にしていただいて、良い不動産屋から自分に合ったお部屋を紹介していただいて下さい!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、社会人の20代女性が一人暮らしを始めるときに気になる「家賃の相場」や「あると嬉しい設備」、「お部屋を探す前の準備」についてわかりやすくご説明させていただきました。
少しでも役立てていただければ嬉しいです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

SPONSORLINK