メゾネットタイプで起こるトラブルとは?メリットとデメリットをご紹介!

SPONSORLINK

これから引っ越しを検討されている方もいらっしゃるでしょう。

中には、「メゾネットタイプに引っ越したいけど、どうなんだろう」と悩んでいらっしゃる方もいるでしょう。

お部屋を借りる場合でも、入居時に敷金や礼金、引越し費用や毎月の家賃など決して安くない費用をかけるので失敗はしたくないですよね。

失敗しない秘訣としては、分からない事をなくし、事前に起こりうる問題について把握しておく事です。

そこで今回は、メゾネットタイプのお部屋に引っ越しを検討されている方が気になる、メゾネットで起こりやすいトラブルやメリット・デメリットについてご紹介いたします。

メゾネットとは?

まず、そもそも「メゾネット」がどのようなお部屋なのかについてご説明いたします。

メゾネットという言葉だけ聞いても、どのような部屋かすぐに思いつくという方は少ないのではないでしょうか。

実際にメゾネットタイプの物件数も少ないので、認知度が低いのは当然と言えば当然でしょう。

メゾネット(もしくはメゾネットタイプ)とは、間取りの1種で、1部屋の中に階段を使って利用するお部屋があるタイプのものを言います。

普通、マンションやアパートを借りるとしてイメージするお部屋には、階段なんてありませんよね?

イメージとしては、2階建ての一軒家のように、家の中に2階に通じる階段があるものをメゾネットタイプと言うのです。

2階建てのアパートで、玄関が1階にしかないもの(一軒家がつながっているような建物)を見たことはありませんか?

これが、メゾネットまたはメゾネットタイプと言われるお部屋の正体です。

メゾネットのメリットとデメリット!

メゾネットタイプのお部屋を選ぶメリットとデメリットについてご紹介いたします。

メリット

  • 戸建てのような感覚で住むことができる。
  • 1部屋に2階があるため、来客を通すリビングと生活空間をわけることができ、来客を招きやすい。
  • 戸建て住宅を借りるよりも家賃が安い。
  • 戸建てのような解放感がある。

メゾネットタイプのお部屋には、以上のようなメリットがあります。

デメリット

メゾネットタイプのデメリットとしては、

  • メゾネットタイプには、木造や鉄骨造の建物が多く音が響きやすい。
  • 室内に階段があるため、冷暖房が効きづらい(効率が悪い)。
  • 1階と2階があるため、自宅内での移動に階段の昇り降りが必要となり労力が必要。(生活動線が多い)

などが挙げられます。

メゾネットには、このようなメリットとデメリットがある事を十分に理解した上で選択することで失敗をなくすことができるのです。

音による近隣トラブルに注意!

メゾネットタイプで注意しなければならない点としては、「音(騒音)」によるものが多く挙げられます。

先ほどメゾネットタイプのデメリットでもお伝えした通り、建物の構造には木造や鉄骨造など音を伝えやすい建物が多いため、トラブルになることがあるようです。

2階建ての一軒家のような建物とは言え、一軒家とは違いお隣と壁で区切られているだけです。

また、メゾネットタイプに住む方はお子様のいらっしゃる家族が多いため、生活音が出てしまうのは仕方ないですよね。
しかし、この生活音によってトラブルに発展するケースがあるようです。

この生活音のトラブルは、賃貸物件でも起こりうる問題ですが、建物の構造と建物の間取りによってファミリーが住む事が多いために余計に起こりやすいトラブルと言えるでしょう。

生活する上で、近隣の方との関係も大切ですよね。

そのため、お子様がいらっしゃる場合は、事前に挨拶に行くなどお隣と良好な関係を先に築いておくと大きなトラブルになる事を予防することができるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「メゾネット」または「メゾネットタイプ」と言われるお部屋について、どんなトラブルが起こりやすいのか、メリット・デメリットなどを分かりやすくご説明いたしました。
少しでも役立てていただければ嬉しいです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

SPONSORLINK