【新社会人の一人暮らし】お部屋選びのコツは3つのポイント!

SPONSORLINK

春からいよいよ社会人!

それに合わせて春から一人暮らしを始めなければならない人もいらっしゃるでしょう!

親元から離れて自分の給料で、自由を謳歌したいという人もいるでしょう。

でも、いざ始めてみると慣れない仕事に加えて、いろんな常識も身につけなければならず、戸惑うことばかり。「自由な時間」なんてありません。

はじめて一人暮らしをするなら、まずは「仕事第一」に、時間を有効活用できるように生活設計しましょう。

そのためのお部屋選びは大切です。

そこで今回は、新社会人が一人暮らしを始めるのに快適なお部屋を選ぶコツについてご紹介いたします。

新社会人の失敗しない引っ越しについては、こちら!

失敗しないための賃貸物件選びのポイントは、こちら!

通勤時間は30分以内がベスト

まず、新社会人としての一歩目は、「通勤」です。

大都市では、学生時代の通学時間帯と比べて、かなりの混雑しています。

しかも!
遅刻なんて許されません。

「ちょっと電車(や道)が混んでて遅れました」

なんて言い訳は通りませんよね…

であれば、通勤にかける時間は30分まで、と決めてください。

会社から、30分以内のエリアで部屋さがしをしましょう。

都内であれば、JR、私鉄、地下鉄など複数の交通機関が考えられるはずです。

バスは、道路の込み具合で到着時間がズレますので、できるだけ避けたほうがいいでしょう。

広すぎる部屋は不向き

これまで実家で小さな自分の部屋で暮らしていたり、下宿の狭い部屋にいた人は、つい「広々とした空間」を気持ちよく想像してしまいます。

広いと解放感があり、お部屋を見に行って広いと「広くて良い部屋だ!」と思いますよね?

でも、「広さと快適さ」は、あまり関係しない場合があります。

なぜなら、掃除するのも自分、片付けるのも自分だからです。

広かったお部屋が、「いつの間にか物置小屋になっていた…」ということになりかねません。

冷暖房費も無駄になります。

そのため、最低限の広さにしましょう。

一人暮らしで利用する部屋の広さの平均は、約27㎡になります。

「㎡(へいべい)」について詳しい説明は、こちら!

まず、ベッドスペースは必須。
それから机やテーブルも必要ですね。

社会人一年生にとって仕事を持ち帰って資料整理したり、PC操作は欠かせません。

「ノー残業」と言われている現代ですが、新社会人は家での予習復習が大切です。

「社会人になって学生時代より勉強する」と、よく言われるほどです。

これは私自身も実感しました…

あとは、数着のビジネススーツをしっかり収納できるクローゼットなどのスペースも必要ですね。

基本的に欲しいスペースは、この程度です。

無駄になるスペースはいらない、と割り切ってください。

新社会人は、まだお金も十分にもらえているという方は少ないでしょう。
無駄に広いお部屋は、家賃が毎月の生活を圧迫してしまいます。

一人暮らしの方にとって便利な周辺施設!

コンビニエンスストア

「健康のためにも、食事はしっかり摂りましょう!」という事はわかっていても、仕事をして疲れて帰ると中々料理する余裕はないものです。

そこで便利なのが、お惣菜も豊富なコンビニエンスストアです!

コンビニは、食材だけではありません。
日用品も数多く揃っていますし、ATMがあるコンビニも多いです。

買い物や日常生活においてほとんどのことがコンビニでできてしまうほど、コンビニはあると便利です!

病院などの医療機関

環境の変化で、体調が悪くなるのも、新社会人にはよくあることです。

だいたい胃腸系が痛みます…

「胃が痛くなって初めて一人前」という経営者もいるくらいです。

まあ、体調が悪くなるのが良い事であるとは思えませんが、そのくらい体調を崩すことは誰にでも起こりうるトラブルなのです。

そんな時に、小さな医院や診療所でいいので、歩ける距離にあると安心です。

歩ける距離というのも大切です!

いざ、体調を崩して悪化してしまっても自分で救急車を呼べる人は少ないでしょう。

「このくらいで救急車を呼ぶなんて…」と思ってしまい、中々呼べないものです。

しかし、一人暮らしでは他に助けてくれる人はいません。

なので、体調が優れないなという時、歩いていける距離にクリニックや診療所などの医療機関があると便利です!

なにしろ新社会人は体が資本ですから、そこはおろそかにはできません。

ドラッグストア

いざ一人暮らししてみると、生活するのに日用品が意外と多く必要ということに気づくでしょう。

トイレットペーパー、歯磨き剤、シャンプー、洗剤など、実家では誰かが補充してくれてたようなものが一人暮らしでは自分で揃える必要があります。
他にも、お茶にコーヒーなども自分で用意しなくてはなりません。

「そんなのコンビニで買えばいいじゃん」と思う方もいらっしゃるでしょう。

確かに、コンビニでも揃えることができるものが多いです。

しかし!
コンビニよりも、ドラッグストアの方が価格が安い場合が多いのです!

また、ポイントカードでポイントが貯められたり、割引券がもらえたりするという特典もあります。

ドラッグストで売っているのは日用品だけではありませんよね。
風邪など、軽い症状のものだと市販薬で対処できるものもあります。

また、どんな薬が良いか薬剤師さんに相談することもできます。
薬と一緒にいろんなアドバイスがもらえますし、仲良くなっていると、管理もしてくれます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、新社会人になられる方が一人暮らしを始めるときに失敗しないお部屋選びができるようなコツをご紹介いたしました。
少しでも役立てていただければ嬉しいです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

SPONSORLINK