30代女性の一人暮らしにピッタリのお部屋っ てどんな部屋?

SPONSORLINK

30代の女性と言えば、20代の時と比べ、できる仕事が増え忙しくなりその分収入も少し上がってきているでしょう。
また、プライベートでも充実している方が多いのではないでしょうか。

そんな仕事にプライベートに忙しい30代女性が、日々の生活を少しでも快適に過ごすことができるようになるために、どんなお部屋に住むかは重要ですね。

そこで、どんなお部屋を選ぶと快適に過ごせるのかという基準と、注意点についてわかりやすくご説明いたします。

どんな間取りを選べばいいの?

間取り選びは、生活のしやすさやストレスを減らすためには重要なことです。

おすすめの間取りの説明に行く前に、間取りについて

おすすめの間取りは「1K」「1DK」

お部屋探しをしているときにお部屋を見に行くと、2部屋や3部屋ある広い間取りのものがついつい良く見えてしまいませんか?

「広いと友達も呼べるし、オシャレな家具がいっぱい置ける」
なんて思っていませんか?

広い部屋を選ぶのは、悪いことではありませんし、良く見えるのは当然のことです。
なので、家賃が払えそうだなと思うとついつい広い間取りの部屋を選んでしまう方が多いのです。

しかし、広い間取りの部屋を選ぶと大変な事もあるのです。

そこで、ずばり!
私がオススメする30代女性の一人暮らしでの間取りとしては、「1K」「1DK」です!

私が「1K」や「1DK」をオススメする理由をお話ししましょう。

広いと掃除が大変!

まず、広い間取りを選ぶと大変なことはなんでしょうか?

答えは単純で、掃除などの管理が大変だからです!

「別に掃除くらい…」

と思われた方も多いでしょう。

しかし、意外とこの掃除が大変なんです。

まして、仕事にプライベートに忙しい30代女性が広い部屋を常にキレイに保てるように掃除をすることは簡単なことではありません。
それに、掃除は1度サボると「まっ、いっか…」となってしまいそれに慣れてしまいます。
これが続くと、部屋はどんどん汚くなっていき、汚いことにも慣れてしまいます。

これでは、広い部屋でも友達なんて呼べないですよね?

なので、掃除など部屋をキレイに保ちやすいように間取りは広すぎないものをおすすめします。

どのくらいの広さがあれば生活しやすいの?

間取りについては、おわかりいただけたでしょう。

次に、部屋の広さはどのくらいのものを選べばいいのでしょうか?

その前に、広さと単位についての記事を読んでみて下さい!

では!
一人暮らしにとっての最適なお部屋の広さをお話ししましょう。

私が一人暮らしの方にオススメする部屋の広さは、25~30㎡です!

このくらいの広さであれば、広すぎず狭すぎずというところです。

このくらいの広さの部屋であれば、掃除だけでなく病気になってしまったときなどでも役立つのです。
部屋が広くて大変なのは、掃除だけではありません。
病気をしてしまったときのちょっとした動作の1つ1つも大変なのです。

その辺も考えて、25~30㎡のお部屋をオススメします!

注意点

無理なく払える家賃の部屋を選ぼう!

先ほどお部屋の間取りと広さについてご説明いたしましたが、これはあくまで一般的に見て快適なお部屋についての話です。

例えば、東京で25㎡の部屋と地方で同じ25㎡とでは大きく家賃が違ってきます。

地方では4~5万程度で借りられますが、東京だと築年数にもよりますが9~10万はかかります。

快適な生活のために広さや間取りも大切ですが、家賃は毎月支払うものなのでキチンと払える額のお部屋を選ぶようにしましょう。

女性の一人暮らしはセキュリティも大切!

もう一つ女性の一人暮らしで注意していただきたい点は、やっぱりセキュリティです!

「間取り」、「広さ」、「家賃」どれも快適な生活のためには大切ですが、安全な生活を送るためにはセキュリティ面も重要です。

女性のために必要なセキュリティについては、こちら

これらのことを十分に考慮してお部屋を選ぶようにしましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、30代女性がどんな部屋を選べば快適な一人暮らしの生活が送れるかということについてわかりやすくご説明いたしました。
少しでも役立てていただければ嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

SPONSORLINK