【初心者の資産形成】株式投資とは?メリット・デメリットをご紹介!

SPONSORLINK

資産を作り、増やす方法として「投資」というものがあります。

みなさんも言葉くらいは聞いたことがあるでしょう。

そんな投資にはいくつか種類があり、それぞれ特徴やメリット・デメリットが存在します。

投資を始めたいと思っている方にとって、その数ある投資の特徴についてちゃんと理解した上で、どの投資を選ぶのかを決めることはとても重要です。

そこで今回は、「株式投資とは?」、「メリット・デメリット」について投資初心者でもわかるようにご説明いたします!

株式投資(かぶしきとうし)とは?

株式投資という言葉ではピンとこない方も「株を買った」など、「株(かぶ)」という言葉だと聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。

この株とは、「株券(かぶけん)」のことを言います。
また、株券を持っている人のことを「株主(かぶぬし)」と言います。

この株券は、みなさん株式会社って聞いたことありませんか?この株式会社は、会社の株券(株)を発行して買ってもらい、そのお金を使って会社を運営したりします。
つまり、自社の株を売ってお金にし資金調達しているわけです。

そして、この株券(株)の値段は、発行する会社の業績が良ければ高くなり、悪くなれば下がります。
業績の良い会社の株券(株)は、みんなが欲しがるので株価(株の価値)が高くなるのです。

最初に株券(株)を発行する時には、株券の価値はそれほど高くはありません。
しかし、発行後に業績が上がれば高くなるので、株券発行時に株を買った方は、その株券を売れば値上がりした分儲けを出すことができます。

例えば、1株100円が発行後、会社の業績が上がり1株150円になれば50円の儲け(利益)になります。
これは、1株当たりなので、この株を100株持っていたとしたら、5000円の儲け(利益)になります。
逆に業績が下がったり、会社が信用を失うような事件を起こしたりすれば株価は下がります。

つまり、株券(株)を安く買って、高く売れば利益が出るということです。
この安い時に買い、高い時に売って利益を出すことを「キャピタルゲイン」と言います。
逆に、高い時に買い買ったときよりも安く売ることを「キャピタルロス」と言います。

また、株にはもう1つ利益を得る方法があります。

それが、配当金(はいとうきん)というものです。

配当金とは、株券を持っている会社の売り上げが上がれば、その売り上げの一部を株主に戻す(還元)ということです。

この配当金の割合は、1株当たり1円というようにその会社によって決まっています。

例えば、1株1円の株券を1000株持っていたとすると、配当金は、1000円ということになります。
これが、株を持っている限りもらえます。

この配当は年2回、3月末と9月末としている会社がほとんどです。

このように、配当金で利益を得ることを「インカムゲイン」と言います。

株式投資のメリット

株式投資のメリットとしては、大きく分けて2つあります。

1つ目は、今後社会が必要としそうなサービスを提供している会社などは、知名度が上がり株価が急上昇するというようなことがあります。
つまり、そのような会社の株を多く買っていれば一度に多くの利益を出すことができます。

2つ目は、株を持っているだけでもらえる配当金でしょう。
これは、何もしなくても株を持っているだけでいいので初心者でも難しく考える必要がありません。

株式投資のデメリット

株価は、その会社の業績などに応じて上がる事もあれば下がることもあるため、株を買った金額よりも安くなってしまうことも当然あります。

株を10万円でかったのに、値下がりして5万円になってしまったとなれば、5万円の損になります。

また、株券は発行している会社が倒産すれば、ただの紙切れになってしまいます。

つまり、10万円で買った株券が0円になってしまうこともあるのです。

この、値下がりして大きな損をする可能性がある投資である事と、株券は価値がゼロになることもあるというのが、株式投資のデメリットです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ご説明した、メリットとデメリットを見ていただければおわかりの通り、一度に大儲けできたり、大損したりする可能性のある投資なので、ギャンブル性が高く、ハイリスクハイリターンの投資であると言えます。

今回は、投資の中でも「株式投資」に関して、「株式投資とは?」「メリット・デメリット」について、わかりやすくご説明いたしました。
少しでも役立てていただければ嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

SPONSORLINK