結婚を機に新築を購入した方が後悔した瞬間ってどんな時?失敗と対策

SPONSORLINK

結婚を機に夢のマイホームを購入!

なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?

結婚すると今まで1人だったのが2人になり、その後子供ができると家族がどんどん増えていきます。

それを見越してマイホームを検討されたり、実際に購入されたりする方が多いのは事実です。

また、今は住宅ローンの利息も安いですし、マイホームを買う人がさらに増えています。

結婚して家族が増えるのは素晴らしいことです!

そのために、家族の生活の場としてマイホームを購入するのも悪くありません。

ですが、戸建てにせよマンションにせよ、不動産を購入するためには、かなりのお金が必要です。

なので、失敗なんて絶対したくないですよね?

ただ「家は3回建てないと納得のいく家はできない」なんて言われるくらい1回で納得のいくマイホームを手に入れるのは難しいのです。

そこで今回は、結婚を機に新築物件を購入して後悔したことと、それに対しての対策についてわかりやすくご紹介いたします。

家の間取りで失敗…

間取り」についての失敗は多いものです。

実際に私も、間取りについて「この部屋を作らないで、広い1部屋にすれば良かったな…」なんて思ったことがあります。

使わないお部屋って、使ってないのにホコリが溜まったり、物置になってもったいない使い方になってしまうものです。
また、部屋数が無駄に多いと掃除が大変なのです。

家を買う前は、気分も上がっているので「家は広い方が良い」「お部屋もいっぱい欲しい」となりがちですが、一旦落ち着いて夫婦で話し合いましょう。

そして、「将来の子供の予定」や「何部屋必要で何に使う部屋にするのか」という事をある程度決めておくことをオススメします。

子供の人数は、希望通りにいくとは限りませんが、事前に話し合っておくことで間取りについての失敗を予防することができます。

「間取り」というとお部屋にばかり注目しがちですが、お部屋だけでなく洗濯機の設置場所と洗濯物をどこに干すのかなど、生活していく上での動線についても考えることが大切です!

最近は3階建ての家も多いですから、もし1階で洗濯して3階に干すなんてことになったら、それはそれは大変でしょう…

場所選びで後悔…

場所選びについて、当たり前ですがこれも重要です!

気になる家があって、その家にするかどうかを検討する時間は数日から長くても数ヶ月ですが、その後買って住むと何十年とそこに住み続けるのです。

例えば、家から最寄り駅までの距離が家選びの時には「15分くらいなら全然歩ける」なんて思っていたのが、実際に買って住み始めると、「通勤で毎日この距離歩くのはキツイ…夏は駅まで行くだけで汗だく…」なんてことになるのです。

周辺環境の希望条件は人それぞれに違うでしょうが、「まあ、大丈夫でしょ」なんて思っていると後で後悔してしまうかもしれません。

基本的に周辺環境でチェックが必要なのは、

  • 日用品や食材を買う場所があるか
  • 治安はどうか
  • 最寄りの公共交通機関までの距離
  • 小学校や中学校の有無
  • 騒音を出す場所(工場など)や大きな幹線道路沿いでないか
  • 接している道路の交通量と歩道は整備されているか
  • 病院はあるか(できれば小児科や複数の診療科のある総合病院があると安心です)
  • 日当たりはどうか

などです!

あと、重要なのがお隣さん問題です!

これは買うかどうかわからないのに挨拶に行って確かめるわけにはいかないですよね?
この確かめ方は、不動産屋に聞くという事です。

不動産屋は、事前に近隣に挨拶をしていたりして周辺にどんな方が住んでいるのか知っていることが多いので確認すると良いでしょう!

場所選びで大切なことは、その場所での生活は毎日の事で、これから何十年もそこに住み続けるという事をよく考えて選ぶという事です!

家の設備で後悔…

設備面では、「あー、あれも付ければよかった」や「これはいらなかったな…」などという後悔がでてくることがあります。

私が失敗した設備は、床暖房です!
床暖房自体は、冬暖かくて良いのですが、電気代は高くなるし、床暖房をつけてテレビを見ているだけなのにブレーカーが落ちるし…
できれば、温水式にしたかった…という失敗談があります…

他に設備面でよく聞く失敗談としては、

  • コンセントの位置が不便、数が少ない
  • テレビの壁側の端子の位置が微妙で変な位置にテレビを置くことに…
  • 広い浴槽や浴室は、掃除が大変
  • 窓が少なく陽が入らない、換気が十分にできずカビが生える
  • ベランダに水道の蛇口があれば掃除が楽だった
  • 玄関の電気は、感知式にすれば良かった
  • キッチンカウンターを作ったけど物置に…

などです。

既に、マイホームを購入されている方は「わかる…」と共感できることがあるのではないでしょうか。

今は便利な設備がたくさんありますが、実際に使ってみると自分には合わないなんてことはよくあります。

すぐに取り外しや交換が可能な設備については、そこまで悩む必要もないですが、簡単に変更ができない設備についてはよく話し合って自分たちの生活スタイルに合ったものを選ぶようにしましょう。

住宅ローンの負担が大きくて失敗…

家を購入しての失敗で一番したくない失敗が、住宅ローンの支払いが負担となり生活が苦しくなることでしょう。

そうなってしまうと、せっかくの楽しいマイホームでの生活が台無しです…

そこで、日々の生活費にどのくらいかかるのかを計算し、住宅ローンの返済はいくらまでなら無理なく返していけるのかについて検討しておきましょう!

月々の住宅ローン支払いの目安としては、月収の4分の1程度であればある程度余裕を持って生活できると言われています。

また、月々のローン返済額を少なくするためにも頭金(最初に支払うまとまったお金)は総額の2割を目安としましょう。

マイホームの購入で気分が浮かれるのはよくわかりますが、返済計画については無理のないプランを立てるようにしましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、結婚を機にマイホームを購入される方が失敗しないで済むように、実際に購入した方の後悔事例と対策についてご紹介いたしました。
少しでも役立てていただければ嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

SPONSORLINK