独身女性必見!一人暮らしが快適になる部屋の間取りと設備をご紹介!

SPONSORLINK

これから一人暮らしを始めようと考えている、または引っ越しを考えている独身女性は、どんな部屋に住むと快適な生活が送れるのか気になりますよね?

そこで今回は、一人暮らしをされる独身女性がお部屋選びの参考になるように快適で安全な生活が送れるような間取りと設備についてわかりやすくご説明いたします。

どんな部屋を選ぶと良い?

広すぎる部屋は不便

お部屋を探すときに広い部屋はとても魅力的に見えるものです。
広い部屋は、友達が呼びやすかったり、いろんな家具を配置できたりとメリットもあります。

なのに、広い部屋を選ぶと不便なのはなぜでしょうか?

それは、広い部屋に一人暮らしだと掃除や疲れているときにちょっと物を取るときなど、狭ければ簡単に済ませられるものが簡単にいかなくなってしまうのです。
そう!「広い」ということが返ってあだとなることがあるのです。

20~30㎡の部屋を探そう!

あまり広いと家賃も高くなりますし、掃除など部屋の管理も大変です。
でも、狭いと友達も呼びづらいし置ける家具は限られるしと困りますよね。

では、実際にお部屋を探すときにどのくらいの広さの部屋を探せばいいのでしょうか?

そこで、独身女性の一人暮らしのお部屋の広さでオススメするのが、20~30㎡です。

このくらいの広さであれば、一人暮らしをしていて狭く感じることもないでしょうし、広すぎて掃除などがちょっと面倒になることもないでしょう。

間取りは1K・1DKがオススメ!

間取りのオススメとしては、「1K」「1DK」です!

間取りに関するわかりやすい説明は、こちら

「1Kは良くて1Rはなんでオススメじゃないの?」

と思われる方もいらっしゃるでしょう。

決して1Rがダメなわけではありませんが、1Rは部屋にキッチンがあるので料理の時のにおいが部屋につきやすいということがあります。
なので、独身女性の一人暮らしには、狭すぎず広すぎない間取り「1K」と「1DK」をオススメします。

どんな設備があると便利?

セキュリティは大切!

独身女性が気になるお部屋の設備といえば、やっぱり「セキュリティ」ですよね。
このセキュリティは女性には是非気にしていただきたいポイントです!

セキュリティ設備にもいろいろありますが、絶対にほしいセキュリティとしては、

 

  • モニター付きインターホン
  • オートロック

です。

また、その他にも女性にとってあると嬉しいセキュリティについて詳しく知りたい方は、こちら

収納は広いものを選べ!

女性は、男性に比べ洋服や家具、美容グッズなど、物が多いものですよね。

なので、お部屋の広さも大切ですが、収納スペースの広さはもっと大切です。
また、収納スペースが広ければ、突然の来客時でもとりあえずですが、すぐに片付けができます。

お部屋を見に行くときには是非チェックしてみて下さい!

オススメは広めのキッチン!

男性に比べ女性は、自炊をされるという方も多いです。
なので、とにかく使いやすい広めのキッチンは重要なポイントです。

また、今はあんまり料理をしないという女性でも、今後の結婚に備えて料理を覚えたいという方もいらっしゃるでしょう。
そんな方が狭い使いにくいキッチンで料理を始めると、料理をするのが嫌になってしまいそうですね。

今後の花嫁修業にも広めのキッチンは役立ちます!

注意点

一人暮らしの女性がお部屋を探すときの注意点があります。

それは、「家賃」と「最寄り駅までの距離」の2つです。

家賃の注意点

まず、家賃については、良い条件のそろっている部屋であればあるほど家賃は高くなります。
しかし、家賃が高いとその部屋で長く生活していくことが難しくなってしまいます。
それでは、せっかく良いお部屋を見つけても何の意味もありません。

なので、家賃もキチンと毎月支払える金額のお部屋を選びましょう。

最寄り駅までの距離の注意点

最寄り駅までの距離は、できるだけ近いところを選んで下さい。

これだけ聞くと、「それって、女性だけでなく男性でも近い部屋選ぶんじゃない?」

と思われるでしょう。

確かに、お部屋を探されている方は男女関係なく駅近のお部屋を探します。
ですが、女性の一人暮らしの方にこそ駅近を選んでほしい理由があります。

それは、セキュリティです!

駅から近ければ帰り道に犯罪に合うリスクは下げられます。
なので、女性には便利だからというだけでなく安全に生活するために駅近を選んでいただきたいのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、一人暮らしの独身女性が快適に生活できるようなお部屋の間取りと設備についてわかりやすくご説明いたしました。
少しでも役立てていただければ嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

SPONSORLINK