【お部屋の間取り種類】どんな種類があるのかわかりやすく解説!

SPONSORLINK

お部屋探しをされたことのある方や、これから探そうと思っている方なら、お部屋の案内図などで、「1R」や「2LDK」なんて文字を1度は見たことありますよね。

そんな、「R」や「LDK」などのアルファベットの意味、みなさんはご存じですか?
「なんとなくは分かっているけど突然聞かれるとハッキリと答えられない」なんて方も多いのではないでしょうか?

そんな方の為に、このアルファベットの意味についてわかりやすくお教えします。

また、部屋に住む人数と間取りについてもお話ししますので参考にしてみて下さい。

S・L・D・Kについて解説

まずは、S・L・D・Kがそれぞれどんな意味なのかについてご説明しましょう。

Rとは

この「R」は、「ルーム」と読みます。
一人暮らしを始めようと不動産屋に行ったことがある方は、お部屋の間取りが載った案内図に「1R(ワンルーム)」と書いてあるのを見たことがあるはずです。
ご存じだとは思いますが、「部屋」という意味になります。

Lとは

この「L」は、「リビング(living)」を表しています。

リビングは、「リビングルーム(living room)」の略で「居間」と訳されます。
居間は、家族団らんの場として利用される部屋です。
他にも、お客さんを通す部屋としても使われます。

Dとは

この「D」は、「ダイニング(dining)」を表しています。

ダイニングは、「ダイニングルーム(dining room)」の略です。
ダイニングを直訳すると「食事」という意味になります。
ダイニングルームとは、食事をするためだけの部屋、「食事室」や「食堂」という意味で使われます。

Kとは

この「K」は、「キッチン(kitchen)」を表しています。

キッチンは、「台所」や「調理場」という意味です。
台所を知らない方はいないですよね?
という事で、キッチンの説明は以上です。

Sとは

今までの「R(ルーム)」や「L(リビング)」、「D(ダイニング)」、「K(キッチン)」については見た事ある方や、意味を知っている方も多いと思います。
よく「1SLDK」なんて使われ方をしますが、この「S」が何を意味しているか知っていますか?

この「S」は、「サービスルーム」を表しています。

「サービスルーム?それってどんな部屋?」っと思いますよね!
では、簡単にご説明いたします。

サービスルームとは一体どんな部屋のことをいうのかというと、簡単にいうと「納戸(なんど)」、収納用の部屋になります。

このサービスルームは、中に人が入って歩ける程度の広さがあります。

では、「サービスルーム」を1部屋と計算しないで分けているのはなぜでしょうか?

これには、建物を建てるときのルールである「建築基準法(けんちくきじゅんほう)」という法律が関係しています。

「建築基準法」では、人が長い時間を継続的に過ごす部屋のことを「居室(きょしつ)」といいます。みなさんも、自分の部屋で長時間、そして毎日過ごしてますよね。
この「居室」には、基準があり、この基準をみたしていないと「居室」とは認められません。

この基準とは、「光を取り込んだり、換気をするための窓の面積が、その部屋の床面積の1/7以上なければならない」というものです。

もっと簡単に言うと、部屋の窓がある程度大きくないと「居室」とは認められないということです。
そのため、窓が小さく床の面積の1/7以下だと「サービスルーム」と呼ばれることになります。

間取りの種類

1R(ワンルーム)

1r
出典:がんばるマーキュリー

「1R(ワンルーム)」とは、そのままですが「1つの部屋」ということです。
部屋、キッチン、玄関にしきるものがなく1つの部屋になっているもののことです。

1K(ワンケー)

出典:がんばるマーキュリー

「1K(ワンケー)」とは、「1R」と同じで1部屋ですが、1Rとの違いは「部屋とキッチンがドアでしきられている」ということです。
この仕切りがあるかないかで「1R」なのか「1K」なのかに分かれます。

1DK(ワンディーケー)

出典:がんばるマーキュリー

「1DK(ワンディーケー)」とは、1部屋+ダイニングキッチンという間取りの部屋のことです。
ダイニングキッチンとは、台所と食事をする部屋が一緒になっている部屋のことです。
ダイニングキッチンは、広さが決まっていて、4.5帖~8帖未満とされています。

1LDK(ワンエルディーケー)

出典:がんばるマーキュリー

「1LDK(ワンエルディーケー)」とは、1部屋+リビングダイニングキッチンという間取りの部屋のことです。
リビングダイニングキッチンも広さが決まっていて、8帖以上とされています。
つまり「ダイニングキッチン」と「リビングダイニングキッチン」の違いは、部屋の広さです。

  • 4.5帖~8帖未満が、「ダイニングキッチン」
  • 8帖以上が、「リビングダイニングキッチン」

ということになります。

1SLDK(ワンエスエルディーケー)

出典:がんばるマーキュリー

「1SLDK(ワンエスエルディーケー)」とは、先ほど説明した「1LDK」に「サービスルーム(納戸)」がついた部屋になります。
納戸といっても、それなりの広さがあるため窓が小さいだけで、もう1部屋ついているような感じになります。

人数と間取り

ここでは、部屋に住む人数ごとの一般的な間取りをご紹介します。

1人の場合は、「1R」か「1K」

2人の場合は、「2DK」か「2LDK」

3人の場合は、「2DK」、「2LDK」、「3DK」、「3LDK」

4人の場合は、「2LDK」、「3DK」、「3LDK」

5人の場合は、「3DK」、「3LDK」

を選ばれている方が多く、一般的となっています。
一人暮らしを始める方も、ご家族で引っ越しを考えているかたも、ぜひ参考にしてみて下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、お部屋(間取り)の種類と、何を基準にして間取りを選べば失敗しないのかという知識をお教えいたしました。

これからのお部屋選びのお役に立てれば嬉しく思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

SPONSORLINK