【賃貸物件トラブル】家賃が値上がりすると連絡が…どうすれば良い?

SPONSORLINK

賃貸物件で起こる問題の1つに、家賃の値上げをめぐって大家さんとお部屋を借りている入居者がトラブルになるという事があります。

大家さんとしては、そりゃ家賃は高い方が良いでしょう。

しかし、借りる側からすれば毎月かかる家賃が高くなるのは困りますよね。

現在、お部屋を借りて住んでいらっしゃる方の中には、「今後家賃が上げられたりしたら、どうしよう…」と不安に思っている方もいるのではないでしょうか?

実際に家賃の値上げ交渉というのは起こっており、中には値上げした賃料が払えないという理由で、やむなく引っ越ししてしまうという方もいます。

ただ、新しい部屋を探すのは大変ですし、引っ越しともなれば労力もお金もかかります。

そこで今回は、家賃を値上げしますと連絡があった場合の対応についてわかりやすくご説明いたします。

家賃の値上げするには「正当な理由」が必要!

大家さんとお部屋を借りた人との間で起こる家賃の値上げに関するトラブルはよく聞くトラブルの1つです。

でも、みなさん不思議に思いませんか?

お部屋探しの時に、「家賃4万円」とか「家賃5万円」という賃料を見て入居を決めているのに、勝手に家賃を途中から変えてしまってもいいのでしょうか?

答えは、家賃が相場より高いという事がなければ、大家さんは家賃の値上げを住んでいる人に交渉することができます。

これだけでは、「なるほど、じゃあ仕方ないか」と納得できる方は少ないでしょう…

家賃が上がれば、今までの貯金か生活費が削られることになるので、今の時点で結構ギリギリの生活という方は到底値上げには納得できませんよね。

値上げをするためには「正当な理由」が必要になるのです。

「正当な理由って何?どんな理由が正当な理由なの?」と思いますよね。

  • 景気の状態からみて今の家賃が安すぎる状態となっている場合
  • 周辺の似たお部屋(間取り・構造・築年数・広さなど)と比べ家賃が安い状態の場合

などが正当な理由として認められる内容になります。

なので、大家さんは「近隣の同じマンションと比べてうちのマンションはどう考えても安すぎる。だから家賃を値上げしますよ」と部屋を借りて入居している人に説明しなければなりません。

つまり、(大家さん)「もうちょっと家賃収入を増やしたいな…そうだ!家賃上げよ」という訳にはいかないという事です。

家賃の値上げを拒否することもできる!

家賃の値上げの連絡があり、「ちょっとその家賃は高すぎる…でもこの部屋は気に入ってるしな…」なんてときはどうしたらいいのでしょうか?

ずばり!その家賃の値上げ、拒否することができます!

拒否すると言っても「そんな家賃は払えません」と頑なに拒否して大家さんと険悪な感じになるためではないですよ。

あくまで家賃の値上げをやめてもらうか値上げの額を交渉するためです!

一度値上げした金額で家賃を払ってしまうと、「値上げに同意した」という事になってしまうので払ってはいけません。

しかし、交渉が終わるまで家賃を払わないというのはいけません。

値上げを拒否するときの対応方法

では、どのようにして家賃の値上げを拒否して交渉をしていけば良いのでしょうか?

値上げを拒否して交渉をするという事は、今後もそこに住み続けるという事なので、あまり大家さんとの関係が悪くなることは避けた方が良いでしょう。

また、先ほどの「家賃の値上げを拒否することもできる!」の所でも言いましたが、拒否するとはいえ交渉が終わるまで家賃を払わないということではありません。

家賃の支払いをしないと、それこそ「部屋を出てもらいます」と言われかねないからです。

では、どのようにしていけば良いのかご説明します。

まず、家賃の値上げの連絡が来たら大家さんに「その家賃(値上げした家賃)では生活が厳しいですよ。何とかならないですか?」と連絡し交渉しましょう。
これが、最初にやることです。

そして、その交渉に応じてもらえない場合、家賃は従来(値上げする前)の家賃を支払い続けながら「値上げの正当な理由を教えて下さい」と伝えましょう。

その理由が正当でない場合は、家賃の値上げに応じる必要がないからです。

このとき、家賃を支払い続けるとお伝えしましたが、大家さんの中には「値上げした家賃じゃないと受け取れません」と家賃の受け取りを拒否してくる人もいます。

これは、家賃を支払わないことを理由に部屋を出てもらい、値上げした家賃で新しい入居者を探すためです。

そうならないためには、どうすれば良いのでしょうか?

家賃を大家さんが受け取ってもらえない場合は、法務局(ほうむきょく)に行き従来の家賃を供託(きょうたく)します。

「ん?法務…きょ…く?きょうたく?って何?」

と思いますよね。

法務局(ほうむきょく)とは、簡単に言うと法務省の地方支部のようなものです。
(法務局の仕事内容は複雑なのでここでは割愛しますが、不動産を扱う上では絶対に欠かせない場所とだけ言っておきます)

供託(きょうたく)とは、お金を預けておくと言うとイメージしやすいでしょう。

「法務局にお金を預けるのは何で?」

と思うでしょう。

それは、法務局に家賃を供託すると家賃を支払っているのと同じ効果があるのです!

これで、家賃の不払いによって部屋を追い出されることもありませんし、認められる正当な理由がないと部屋を出ていく必要も家賃の値上げに応じる必要もないのです。

そして、この間に大家さんと交渉しましょう。
きちんと話し合いをすれば、大家さんも理解してくれるかもしれません!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、家賃を値上げするとの連絡があった場合に拒否する方法についてわかりやすくご説明いたしました。
少しでも役立てていただければ嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

SPONSORLINK