一人暮らしの寒さ対策!賃貸でもできる寒い冬を乗り切る対策ベスト5

SPONSORLINK

今年も寒い冬がやってきます。

そんな冬に「自分ちはなんでこんなに寒いんだろう?」と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

私も部屋を借りてマンションに住んでいるときには、「冬は寒いものだ」では納得できないくらい寒い思いをしました。外から帰ってくると、すぐエアコンをつけ暖房を効かせます。しかし、すぐには暖かくなりませんし、暖かくなっても、つけっぱなしにしていないとすぐに寒くなってしまいます。
しかし、つけっぱなしだと「電気代が気になる…」という思いがありました。

何とかしたいけど、お部屋は借りているので傷がついたりするようなことはできません。

そこで今回は、部屋が寒くなる原因と賃貸でもできる寒い冬に効果的な対策をご紹介していきます。

部屋が寒くなる原因って何?

寒さ対策をする前に、なぜそんなに寒くなるのかという原因を調べないと万全な対策はできませんね。

という事で、マンションやアパートなどの賃貸物件で部屋が寒くなる原因についてお話しいたします。

原因として主に考えられるのが、「外の冷たい空気が入ってくる外気の侵入」と「冷たい床や壁」の2点です。

まず「外気の侵入」については、考えられるのは「窓」と「玄関ドア」です。
「玄関ドアや窓」のように開け閉めするところは、きちんと密閉することが難しい場所でもあり冷たい外気が侵入しやすい場所と言えるでしょう。
また窓のそばが寒いのは、外の熱を室内に伝えてしまうという所にあります。
本来ガラス自体は、壁に使われるコンクリートや鉄に比べ熱を伝えにくい素材ですが、窓ガラスの厚さは何mmと壁に比べ薄いので外気の熱を伝えてしまうのです。

次に「床や壁」です。
外気によって冷やされた床や壁が、室内の温度を下げたり、冷たい床や壁に人が触れることで体温を下げ寒いと感じるのです。
マンションなどの鉄筋コンクリートは、外の温度を伝えやすいので、特に冷たく感じるでしょう。
また、木造のアパートでも断熱材(外の熱を部屋に伝えにくくするもの)が壁にビッチリ敷き詰められていないと冷たく感じます。

これらのことが、室内でも寒さを感じる原因になっています。

簡単にできる寒さ対策!

お部屋を借りている賃貸物件では、壁や床、窓などにキズがついたりするような防寒対策はできません。
また、あまりお金がかかるような対策も有効ではあるかもしれませんが、現実的ではないでしょう。

そこで、誰でも簡単にすぐできる防寒対策をいくつかご紹介いたします。

カーテン

先ほど部屋が寒くなる原因でもお話ししましたが、「窓」は冷たい外気が侵入しやすく、冷たい外の熱を伝えやすいポイントです。

なので、窓の防寒対策を行うと効果は大きいと言えるでしょう。

その対策の1つが、カーテンです。

カーテンは、基本的に外の光を遮るものです。
しかし、最近のカーテンは断熱効果が高い物も売っており、断熱効果の高いカーテンに返るだけで、外からの冷たい空気を遮断できます。

断熱カーテンは、安いものだと数千円で買えるので無理なく防寒対策ができるでしょう。

ホットカーペットを敷く

床の冷えには、何といっても「ホットカーペット」が有効です。

ホットカーペットの上でくつろいでいると、いつのまにか寝てしまうなんて経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そのくらいホットカーペットは暖かく、フローリングの床の冷えには有効です。

また、部屋全体に敷く必要もなく、自分1人がいつもいるスペースに敷くのであれば2畳用でも十分でしょう。
2畳用だと、5000円程度で購入でき電気代もそんなにかからないので経済的で防寒の効果も大きいです。

加湿する

空気が乾燥していると、部屋は寒く感じます。

夏、湿度が高いとムシムシと暑いですよね?

加湿すると暖かく感じる理由は、湿気自体が温度を含んでいるためです。
(夏は外気温が高すぎるため蒸し暑く感じます)

では、加湿するためにはどうすればいいでしょうか?

加湿の方法は、簡単です。
洗濯物を部屋干ししたり、コップに水を入れ置いておくなどしても効果があります。
わざわざ高い加湿器を買ってこなくても大丈夫です!

寒くない部屋を選ぶなら両隣上下に部屋がある方が良い?

お部屋選びでよく「角部屋が良い」なんて聞いたことはありませんか?

確かに、角部屋だと隣は片方にしかいませんし、窓の数が多くなり部屋が明るくなるなどメリットも多いです。

しかし!
「寒さ」という点では、両側と上下を部屋で囲まれているほうが暖かくなると言われています。

これは、壁や床から伝わる熱が関係しているためです。

角部屋ではベランダと玄関以外に、もう一か所直接外に面している壁がありますね?
しかし、両側と上下が部屋で囲まれていれば、外に面しているのは玄関とベランダだけです。

また、周囲の部屋が暖房を効かせれば、その熱が壁を伝わり角部屋に比べて暖かくなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、賃貸物件でもできる冬の寒さ対策について「寒い原因」「簡単にできる寒さ対策」「寒くない部屋を選ぶには」という3点についてわかりやすくご説明いたしました。
少しでも役立てていただければ嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

SPONSORLINK