賃貸探しのコツ!掘り出し物件を見つけるポイント!

SPONSORLINK

そろそろ進学や就職で新年度から新生活という方は、もう引っ越しを終えられている方も多いのではないでしょうか。

「え?それなら、この記事なんでそんな時期に?」
なんて思われた方もいらっしゃるでしょう。

しかし、「今」だからこそなのです。
なぜ今なのかについても後にお話しいたします。

みなさん、できれば「相場より安い」「家賃は相場と同じだが、設備がいい」など、掘り出し物のお部屋に出会いたいですですよね。
そんなお部屋を見つけるためには、コツがあるのです!

今回は、そのコツについてわかりやすくご説明いたします。

賃貸情報サイトで家賃の相場をチェック!

掘り出し物件を見つけるために、まずやっていただきたい事として、賃貸情報サイトを見て探しているエリアの家賃相場が大体いくらくらいになるのかをチェックしてください。

この相場を知るということは、その部屋が掘り出し物かどうかを見分けるために必要なのです。

相場の調べ方

家賃の相場を調べる方法を簡単に説明します。

例えば、A駅周辺の1R(ワンルーム)のマンションを探しているとしましょう。
賃貸情報サイトに、その希望の駅名や住所を入力すれば、そのエリアにあるお部屋がずらっと出てきます。
そして、次に細かい検索条件を入力します。
検索条件の中に「間取り」という項目がありますので、「1R」にチェックを入れて、「建物の種類」をチェックする項目には「マンション」にチェックを入れて下さい。
すると、該当するマンションが出てきます。
ここでA駅周辺の1Rマンションの家賃がいくらくらいか確認して下さい。
これが相場となります。

チェックポイント!

サイトに出てくる家賃には違いがあります。
家賃が違う理由としては、「駅からの距離」「建物の築年数」「周辺の環境」などがあります。
ここでは目安の相場が分かればいいので、とりあえず駅からの距離を見ておけば大丈夫です。
駅から5分圏内ではいくらくらいか?10分圏内ではどうか?を見て下さい。

これで、家賃の相場チェックは終了です。

気になる街は先に下見する!

お部屋探しと言えば、まず不動産屋!
と思われる方が多いでしょう。
しかし、掘り出し物を見つけるためには普通に不動産屋に行ってはいけません!

不動産屋に行く前に、下見をしておきましょう。

下見をすることで、周辺の環境や治安がわかったり、そこでの生活がイメージできたりします。
が!それだけでは不十分です。
掘り出し物を見つけるためには、周辺の空きがどのくらいあるかも簡単にチェックしておきましょう。

チェックの方法としては、周辺のマンションの窓をみてカーテンの付いていない薄暗い部屋がどのくらいあるのかササッと見てみて下さい。
あまりジロジロ見ると、不審者扱いされてしまうのでご注意を!

4月から秋にかけてはお得

それは、3月末までは新年度から進学や就職でお部屋を探している人が、大勢いるためお得になる可能性が低いのです。
部屋を探す人が少ない時期に空いている部屋は、家賃や礼金の交渉を含めてお得なのです。
この理由を詳しく知りたい方は、こちら

そして、これまでお話ししてきた「家賃の相場」「周辺の環境と空き状況」の情報を収集してから不動産屋にいきましょう。
そうすることで、掘り出し物になるような交渉ができるようになります。

妥協できるポイントも見つけておく

最後に、掘り出し物件を見つけるコツとして、「自分が妥協できるポイントは何なのか」を知っておくということがあります。
妥協できるポイントを知ることがコツになるのは、なぜでしょうか?

人によってお部屋選びで譲れないポイントや優先順位は違ってきます。
自分にとって何が優先で、何は妥協できるポイントなのかをキチンと把握しておくことで、お部屋選びの選択肢は広がります。
また、不動産屋は万人が「良いな」と思うお部屋を中心に勧めてきます。
ここで、「ここは妥協できます(あまり重要視していません)」と伝えられれば、「ならこんなお部屋もありますよ」と不動産屋も勧めるお部屋を変えられるでしょう。

そんな中にこそ、掘り出し物があったりします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

掘り出し物のお部屋を探すコツについて分かりやすくご説明しました。
今後、引っ越しを考えている方にとって良いお部屋を見つけるために少しでもお役に立てれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

SPONSORLINK