礼金は交渉すれば安くなる!?初期費用を抑える得ワザ

SPONSORLINK

これからお部屋探しをしようとお考えの方は、お部屋を決めて入居するまでにどのくらいお金がかかるかご存知ですか?

大体、家賃の6倍くらいかかります!
(敷金2か月、礼金2か月、仲介手数料1か月、前家賃1か月)
家賃が5万円だと、入居のときに30万円かかる計算になります。

引っ越しにもお金がかかりますし、「新居には新しい家具が欲しいな」と思っていらっしゃる方も多いと思います。

できれば、最初にかかるお金は安くしたい!

みなさん思っていることは同じです。
でも、「何の費用を交渉すればいいのかわからない」「どんな交渉をすれば安くなるの?」など、わからないことも多いでしょう。

今回は、そんな部屋を借りるときにかかる初期費用を安くする方法とポイントについてご説明いたします。

 礼金は交渉すれば安くなる可能性が高い!

「礼金(れいきん)」は交渉すれば安くなる可能性が1番高い費用です。
それはなぜでしょうか?

あくまで礼金は、部屋を貸してくれる大家さんに対して「部屋を貸してくれてありがとう」という「お礼」で支払う費用です。

礼金の詳しい説明は、こちら

そのため、支払わなければならないという決まりもありません。

大家さんが欲しいのは、月々きちんと支払われる家賃です。
そのため、「ちゃんと借りてくれるなら礼金はなくしてもいいか」と空室にしておくよりも、礼金をサービスして早く入居してほしいという思いがあるのです。

なので、礼金は安くなる(安くしてくれる)可能性が高いのです。

交渉すればタダになる?

上記でもご説明した通り、礼金は安くなる可能性が高いです。
「じゃあ、タダになるの?」
と思う方もいらっしゃるでしょうが、残念ながら交渉すればどんな場合も「タダ」というわけではありません。
例えば、礼金が家賃の2か月分となっているような場合は、1か月分くらいになる可能性がありますし、1か月分であれば、半月分やタダになる可能性もあります。
このように、交渉によってタダになるわけではなく、「安くなる」可能性があると考えると良いでしょう。

 交渉の方法

では、さっそく交渉の方法についてご説明しましょう。

時期

まずは、交渉しやすい時期についてのお話です。
時期によって交渉が上手くいく確率は違います。
これが、先ほどから「可能性」と言っている理由です。

例えば、1月~3月のように引っ越しが頻繁に行われる時期では、礼金を0にしなくてもお客さんはいくらでもいるので交渉は難しいといえます。
それとは反対に、6月~8月など部屋を探す人が少ない時期には、大家さんも入居してほしいので交渉が上手くいきやすいと言えるでしょう。

この時期は、「賃貸物件には安い時期がある!」の時期と同じなので参考にしてみて下さい。

どのように交渉すると良いか

交渉の相手になる人は、ほとんどが不動産屋になります。
そこで交渉の方法としては、まずお部屋を見て「借りたい」と思ったら、不動産屋にこう伝えてみてください。

「あの部屋がとても気に入ったのでぜひ決めたいのですが、予算的に…礼金を少し安くしていただけないでしょうか?礼金が安くなれば入居を決めます!」

このように伝えれば、不動産屋も「入居を決めてくれるなら」と大家さんとの礼金の交渉を頑張ってくれます。

不動産屋は大家さんの情報を知っている場合が多いのです。
なので、「あの物件は空きが多いから大家さんも安くしてくれるだろう」と交渉の余地があれば、上手く交渉してくれます。

 注意が必要なポイント

交渉は、相手(この場合、不動産屋)との駆け引きなので「安くしてください」と伝えればいいというものではありません。

謙虚にお願いする

当たり前のことですが、不動産屋も人間なのであまり横柄な態度で接したり、強引な交渉だと大家さんに確認することもなく「(交渉は)無理ですね」とその場で断られてしまいます。
「不動産屋はお客さんを入居させるのが仕事だろう!」
と思う方もいらっしゃるでしょう。
しかし、不動産屋の中には「自分が大家でもないし、その人がダメならまた違う人を探すだけ」くらいに思っている人もいます。
なので、謙虚な姿勢でお願いするということが大切です。

時期とその部屋の人気

時期に関しては「交渉の方法」でお伝えした通り、部屋を探す人が多ければ交渉は難しくなります。
それと同じように、「駅から近い、コンビニが近くにある、キレイな部屋」など、人気の物件も借りたいと思っているお客さんは多いので交渉が難しくなります。
ですが、そんな事を言っていると不便な所じゃないと交渉できなくなってしまいます。
なので、「借りたい」と思う物件に出会ったら、「すごく気に入ったのですが、予算の都合で…」と切り出してみてください。
人気の物件でも時期によっては上手くいくこともあります。

この2点に注意してぜひ交渉にトライしてみて下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、お部屋を借りるときにかかる初期費用をできるだけ抑える方法として「礼金の交渉」についてご説明いたしました。
これから、お部屋を借りたいと思っている方にとって少しでも役立つ情報になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

SPONSORLINK