老後は賃貸が良い?住み替えで賃貸を選ぶメリット・デメリット!

SPONSORLINK

高齢化が急速に進んでいることはテレビや新聞などでご存知の事でしょう。

高齢化が進むにつれて、自分の将来を不安に思っていらっしゃる方も多くいます。

老後の不安には様々ありますが、今回はその中でも「賃貸のお部屋への住み替え」についてご紹介いたします。

老後の事を考えて住み替えを検討するタイミング

まず、住み替えを考えるキッカケとなっている理由が何なのかについてご紹介いたします。

  • 子どもが巣立つ
  • 庭や家の管理が大変になってきた
  • 階段や坂道などがあり生活が大変
  • スーパーや最寄り駅、病院などが遠くて辛い

などです。

これって、今はそうでなくても将来の事を考えると、どれも多くの人にあてはまるのではないでしょうか?

年齢とともに体力の衰えや病気の発症など避けることができない理由によって、今まで何とも感じていなかったことが不便や不自由に感じてくることが住み替えを考え始めるキッカケになっていると言えるでしょう。

賃貸に住むメリット・デメリット

では、賃貸のお部屋に住み替えるメリットにはどのようなものがあるのかについて見ていきましょう!

メリット

立地の良い場所を選べる

賃貸物件は自分で選ぶことができるので、スーパーなどの買い物ができる場所が近くにあって、いざという時の病院が近くにあって、移動に便利な公共交通機関が近くにあるなど、立地の良い場所に住む事ができます。
利便性の高い立地は、若いうちでも便利ですが高齢になるとさらに便利であることを実感できるでしょう。

必要な間取りで生活できる

子どもがいたときは、それなりに部屋数も必要でしょう。
しかし、子どもが巣立って行くと、その部屋は使わなくなり物置になっているなんてことはよくある話です。
ですが、そんな使わない部屋でも掃除など手入れをしないといけません。
戸建ての場合は、高齢になるにつれて2階に行かなくなり今2階がどうなっているかわからないという方もいました。

賃貸であれば、生活に必要な分だけの間取りを選ぶ事で余計な手間暇がかからなくなります。

健康状態に合わせて引っ越しもできる

年齢とともに身体の機能は少しづつ衰えていきます。
今は何ともない段差が気になったり、階段が辛くなったりする事もあるでしょう。
そんな時、賃貸物件であれば、バリアフリーの場所や立地の良い場所など自分にあった場所に引っ越すことができるのも賃貸物件のメリットと言えるでしょう。

部屋の掃除以外の管理がいらない

戸建ての場合は、庭の掃除や草取り、建物に不具合があれば修繕しなければならないなど手間暇とお金がかかります。
賃貸物件であれば管理費は毎月かかりますが、それさえ払っておけば後は大家さんや管理会社が管理したり修繕してくれるので、やる事と言えば住んでいる部屋の掃除くらいと楽になるでしょう。

階段や段差がない賃貸物件がある

最近は、段差がないバリアフリーになっているお部屋も多くあります。
また、マンションでエレベーター付きにすれば階段の昇り降りもありませんから高齢になっての安心です!

デメリット

近隣トラブル

賃貸のお部屋には、生活リズムも価値観も違う人が大勢住んでいます。
そのため、音やゴミなどが原因となり近隣トラブルとなってしまう場合があります。
高齢で音が聞こえずらくなりテレビの音が大きすぎたり話し声が大きくなったりすることもありますので注意が必要です。
当然ですが、賃貸のお部屋に住むと必ずトラブルになる訳ではありません!
常識の範囲内で生活していればトラブルになることはないでしょう。

高齢の場合、入居が難しい場合がある

高齢になってから賃貸物件を探そうとすると大家さんから断られたりするケースがあります。
高齢者の孤独死などがテレビなどで取り上げられ、大家さんが問題視してしまい断る事もあるのだそうです。
なので、賃貸物件への住み替えは早めにというのが良いでしょう!

手すりの取り付けなどの改修ができないことが多い

高齢になると、廊下やトイレ、お風呂に手すりが必要になったりすることもあります。
手すりが元々付いていない場合は、後付けで設置しないといけないのですが、許可が下りなかったり、手すりを取り付ける壁の問題(下地の問題)で必要な位置に取り付けられなかったりする場合があります。
このような改修に制限が多いのは賃貸のお部屋のデメリットと言えるでしょう。

老後の住み替えで大切なポイント!

便利な場所か?

まず立地です!
買い物ができる場所や病院、交通機関など日常的に使う場所までの距離はできるだけ短いお部屋を選びましょう。
病院が遠く不便で毎回タクシーを使っているという方がいました。その方が裕福であった訳ではありません。
それ以外に方法がなく、お金も気になるなか仕方なく使っておられました。
便利な場所は家賃も高くなりますが、安い場所を選んで余計な労力と余計なお金を使うのであれば、最初から便利な場所を選ぶ事をオススメします。

バリアフリーになっているか?

高齢になると、どうしても転びやすくなってしまいます。
転んで骨折なんていうのは、高齢者では珍しくありません。
そうならないためにも、段差のないバリアフリー構造となっているお部屋を選びましょう!

生活に無理のない範囲の家賃か?

利便性の高い立地のお部屋は、当然家賃も高くなります。
確かに将来的には利便性が高いお部屋に越したことはないのですが、途中で家賃が払えなくなるようでは元も子もありません。
なので、経済的に考えても住み続けられる範囲で家賃を設定しましょう。

浴室暖房があるとベスト!

自宅での事故で1番多いのが「風呂場」で発生しています。
特に、冬になると浴室の温度とお風呂のお湯の温度の差によって血圧が急激に変動し、最悪死に至るというケースがあります。
なので、脱衣所には暖房器具を設置し、浴室には浴室暖房があるお部屋を選ぶとベストです!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、老後の住み替えで賃貸物件を選ぶタイミングやメリット・デメリットについてご紹介致しました。
老後の住み替えを検討する事は、終の棲家を検討することに等しいので、今回の記事を読んでいただいて自分に合った老後が送れるように早い段階で検討してみて下さい。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

SPONSORLINK