マンションのお風呂の湿気対策!カビ発生を予防する方法をご紹介!

SPONSORLINK

お風呂と言えば、家の中で1番湿気が溜まっている場所といってもいいでしょう。

そのため、湿気を逃がすために換気も重要になりますね。

ただ、一軒家のお風呂の場合は窓が付いていることが多いですが、マンションのお風呂には窓が付いていない事もしばしばみられます。

湿気を逃がすことができないと何が起こるでしょう?

そうです!

カビが生えてくるのです…

カビは健康のためにも良いものではありませんよね。

そのため、湿気対策・カビ対策が重要になります。

そこで今回は、マンションのお風呂場の湿気対策・カビ対策の方法についてご紹介いたします。

お風呂場に窓が無い場合、換気が十分にできていない?

お風呂場に窓がないと換気は十分にできないのでしょうか?

お風呂場には窓がなくても24時間換気扇をつけっぱなしで換気は大丈夫!

マンションのお風呂には窓が付いていない事も多く、窓が無ければ換気が十分にできないようでは困りますよね。

これは私の実体験ですが、マンションで窓のないお風呂場でも24時間換気扇を回しっぱなしにしておくだけで湿気がヒドイこともカビが生えることもありませんでした。

ただ、中には電気代を気にして換気扇をつけっぱなしにしないという方もいらっしゃるようです。

しかし、お風呂場の換気扇をつけっぱなしにしても、電気代は月に数十円か数百円のものです。

たったこのくらいの電気代でカビの発生が抑制できるなら、換気扇を付けた方が良いと思いませんか?

これまでに、窓がないから換気が不十分でカビが生えるという話を私は聞いたことがありません。

むしろ、換気扇を回し効果的な換気を行う方が大切なのです。

効果的な換気方法!

では、換気をする上で効果的な換気方法についてご紹介いたします。

方法としては、たった3つ

  • 浴室を密室にしてから換気扇をまわす
  • 換気扇の掃除する
  • 扉の通気口を掃除する

です。

浴室を密室にして換気扇を回さないと、脱衣所や洗面所といったお風呂の隣のスペースに湿気が流れ出てしまい、結果そこにカビが生えてしまいます。
なので、換気をするときは浴室を密室にしましょう。

換気扇の掃除は、当たり前ですが、換気扇が汚れていると十分な排気ができず、効率の悪い換気になってしまうからです。
定期的に換気扇も清掃するようにしましょう。

扉の換気口は、大体浴室の扉の下の方についています。
この場所を定期的に清掃することで、効率的に空気を浴室に取り込めるので、換気口から空気を取り込み換気扇から排気するという空気の流れがスムーズになります。

この3つを行う事で窓のない浴室でもキチンと換気することができます。

浴室の湿気対策!

常に浴室の換気扇をつけておく!

浴室の換気扇は常に回しておき、室内の湿気を排気していきます。

先ほどもお伝えしましたが、換気扇にかかる電気代なんて数十円から、かかっても数百円なので24時間つけっぱなしにしておくことをオススメします。

入浴後、冷たいシャワーをかけて浴室の温度を下げる!

入浴後に冷たい水をシャワーでかけて浴室の温度を下げるとなぜ湿気対策になるの?

と思われた方もいらっしゃるでしょう。

これは、空気の性質として、温度が高いと空気は多くの水蒸気を含むことができ、逆に温度が低いと水蒸気を含める量が少なくなるからです。

そのため、入浴後に冷水シャワーをかけて冷やすことで自然と湿度は下がってくるのです。

お風呂を出る時に水気を拭き取る!

お風呂を出る時、浴室内はシャワーや湿気によって水滴や水が多く残っています。

水気が残っている所に湿気が溜まりやすいので、これをそのままにしないで、きちんと拭き取るのが湿気対策のポイントです。

入浴後に、冷水のシャワーを全体にかけて冷やし、その後にタオルで全体の水分を拭き取るようにすると十分な湿気対策ができます。

浴室のカビ対策!

湿気で問題になるのが「カビ」ですよね。

では、どのようにすればカビを生えにくくすることができるのでしょうか?

石鹸の泡などカビの栄養となるものを取り除く!

身体を洗ったり頭を洗うとシャンプーや石鹸の泡が辺りに飛んでしまいますよね。

この飛び散った石鹸や泡を栄養としてカビは増殖していきます。

そのため、この泡などの汚れをそのままにせず、入浴後にキレイにすることでカビ対策ができるのです。

毎日ゴシゴシ洗うのは大変なので、最後の人が入浴後に泡が飛んでいる所を中心にお湯で洗い流すだけでも効果があります。

その後に湿気対策として、「冷水シャワー」→「水分を拭き取る」という流れで乾燥させていただくとバッチリです。

洗剤を使って掃除する!

毎日お湯で浴室を洗い流しても、十分な清掃にはなりません。

そのため、定期的にお風呂洗剤を使い掃除をするようにしましょう。

また、洗剤だけでなくお風呂用のブラシなども使って掃除すると良いでしょう。

清潔にすることがカビを発生させない1番の対策です!

防カビ剤を使用する!

カビは、増殖して黒目に見える状態になってしまっては遅いですよね。

しかし、そうなるまでカビの原因菌は目には見えません。

そこで、オススメなのが防カビ煙剤です!

使用する頻度としては、2か月に1回程度で十分な効果が見込めます。

これを使う事で、「カビの原因菌を除菌できる」「カビが生えにくくなる」などの効果があります。

毎日汚れを洗い流し、定期的に清掃し、2か月に1回程度防カビ煙剤を使用すれば、常に清潔なお風呂を維持することができるでしょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、マンションのお風呂場の湿気対策と湿気によるカビ対策の方法についてわかりやすくご説明いたしました。
少しでも役立てていただければ嬉しいです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

SPONSORLINK