【建売住宅購入】後悔しないためのポイントとメリット・デメリット!

SPONSORLINK

家を買うというのは、人生の中で1番と言ってもいいくらい高額な買い物をするという事になるでしょう。

そんな高い買い物をしてから「あーっ!しまった…」なんて後悔はシャレになりませんよね…

そこで今回は、絶対に失敗したくないマイホーム選びで知っておくと役に立つ「後悔しないためのポイント」についてご紹介いたします。

一軒家の購入には「建売住宅(たてうりじゅうたく)」と「注文住宅(ちゅうもんじゅうたく)」の2種類があります。
今回は、「建売住宅」についてのお話です。

「建売住宅」と「注文住宅」の違い

建売住宅とは

建売(たてうり)住宅は、土地と建物がセットになって売られているものを言います。

土地の上に既に家が建っている状態で売られているという事です。

注文住宅とは

注文(ちゅうもん)住宅は、既に家が建っている状態の建売住宅と違い、自分の希望を入れて家を作っていくものになります。
「どんな外観にするか」「間取り」「内装」などの希望を建築士と相談しながら決めて家を建てます。

土地を選んでそこに自分の希望の家を建てるのが注文住宅という事です。

建売住宅のメリット・デメリット

まずは、建売住宅のメリットとデメリットについて知っておこう!

メリット

  • 購入の手続きが楽
  • 注文住宅に比べ費用が安い
  • 購入すればすぐに住める
  • 実物を見て購入するか決められる

デメリット

  • 間取りや内装など希望通りにならない
  • 建物工事の手抜きのチェックが難しい
  • 追加でオプション注文をすると高額になる

建売住宅購入者が「失敗した…」と感じた事

家の設備が自由に選べない

建売住宅の場合、間取りが選べないのもデメリットですが、実際に生活していく上では家の設備が選べないというのもの後悔につながります。

キッチンで言えば、食洗器の有無やIHかガスかなど設備が自分の思うようなものでないため使いづらいと感じる方も多いようです。
だからと言って、設備を追加したり、変更したりするのには高額な費用が必要になってしまうため後悔してしまったという方もいらっしゃいます。

これはキッチンに限らず家にあるすべての設備に言えることでしょう。

周りの家と変わらない

建売住宅の多くは、広い土地を何個かに分けて同じ建築会社が家を建てているため、家の外観や仕様が周りの家と同じようになってしまいます。

街に同じような見た目の家が、何軒も建っているのを見たことはありませんか?
これが、その例です。

「せっかく自分だけの家を買ったのに周りと区別がつかないほど似ている(個性がない)のが嫌だ」という方もいらっしゃいます。

購入後に欠陥が見つかった

家を買ってから、「やけに冷える家だな」と思ったら断熱材が十分に入っていなかったなどの欠陥が見つかる事があります。

家は高い買い物なので、欠陥なんて見つかったら後悔どころじゃ済まないですよね。

また、「まさか自分の家が欠陥住宅なんてことはないだろう」と多くの方が思っていらっしゃいます。
(実際には、そう思いたい)
そのため、ちょっとした不具合があっても「しょうがない」と特に問題にすることなく生活し、いざ欠陥であることが分かった時には保証期間を過ぎているなんて事もあります。
これも、後悔につながるでしょう。

後悔しないためにする事!

内覧時にそこでの生活をイメージする

家を見学(内覧)に行ったときに「この家良いな!」と思ったら、そこで生活する事を想像してみて下さい。

リビングでくつろぐ様子や料理をする感じ、洗濯やお風呂に入る様子などをできるだけ細かくイメージすると、意外と「ちょっと収納が狭い」とか「洗濯機は1階だけど2階の干す場所まで遠いな」など、いろいろ思う所があるはずです。

確かに建売住宅で、全ての希望にあった家が見つかるというのは難しいかもしれません。
ですが、後悔しないためにはできるだけ気になる点を挙げて、その中から妥協できるものは妥協して、自分にとって一番良い家を見つけて下さい!

事前に生活(周辺)環境をチェック

家を買ってから後悔しないために、希望のエリアの周辺環境のチェックは必要です。

周辺環境のチェックは、新築の家を見るとテンションが上がってしまい曖昧になりがちですが、「いざ住んでみるとスーパーが遠くて不便」「子どもの学校が遠い」「道路に歩道がなくて危ない」「駅が遠くて毎日の通勤が大変」などの後悔をしないためには重要です。

そこで、生活する事をイメージして周辺環境をチェックしてみましょう。

時間・曜日を変えて内覧に行く

建売住宅を購入する時に皆さん内覧(家を見に行く)に行かれますよね。
内覧は1回だけではなく「良いな」と思って前向きに検討する場合、2回3回と見学に行かれるでしょう。

その時、どうせ内覧に何回も行くのであれば、時間や曜日を変えて(例えば、午前と午後、平日と休日など)行くようにしましょう。
そうする事で「日当たり」や「休日は静かだったけど、平日は近所の工場がうるさい」などの違いが分かります。

価格交渉

買った時は嬉しくて気にならない事が、しばらく経つと「ちょっと不便」「やっぱアッチの家の方が良かったかな…」なんて気になってくる事はよくあります。(隣の芝は青く見えるというヤツでしょうか…)

そうなっても、購入金額が少しでも安く買えていれば「まあ、ちょっと安くしてもらったし」と納得できるのではないでしょうか。
何か1つでも、その家を買ったお得感があると、少々の不満は後悔にならずに済みます。

そこで、必要になるのが価格交渉です!

価格交渉のポイントは、

  1. 近隣の住宅の相場を調べて交渉する
  2. 決算期の3月を狙う
  3. モデルルームに使われた物件を選ぶ
  4. 現金一括で買う(これは現実には難しいでしょう…)

の4つです。
価格交渉についての詳しい記事は、こちら

内覧に行ってチェックするポイント

実際に内覧会に行って家を見てみよう!
となって見に行くと、多くの方が新築のキレイな家にテンションが上がってしまいチェックが不十分になってしまいます。(私もそうでした…)

そこで、内覧会でチェックしていただきたいポイントをまとめましたので、是非参考にして下さい!

  1. 家の傾き(スマホアプリ「水平器」で検索してみて下さい)
  2. 壁紙の継ぎ目
  3. 窓やドアの開け閉めの具合
  4. 生活動線(生活した場合をイメージしてみて下さい)
  5. 日当たり(できれば時間を変えて)
  6. 間取りとコンセントの位置(家具・家電の設置位置に不便がないか)
  7. 近隣の家との距離
  8. 周辺環境
  9. 周辺から聞こえてくる音

などです。
家の中のチェックは、既に出来上がっているため難しい箇所もありますが、最低でも①~③くらいは内覧時に調べておくと良いでしょう。

買ってから欠陥が見つかった時の対策

誰だって欠陥のない家に住みたいと思っていますが、残念ながら実際に欠陥住宅は存在します。

そこで、もし買った家に欠陥が見つかってしまった場合の対処法をご紹介します。

家を建てた建築会社に電話をして、欠陥の具合を伝えましょう

できれば、不具合が見つかった段階で写真やメモをとっておくことをオススメします。
「いざ電話したら上手く伝えられなくて…」というのは、よくある話です。
自分の家が「まさか」の事態になっているので焦ってしまったり、感情的になってしまったりするのは仕方ないかもしれません。
なので、準備としてメモや写真を用意しておきましょう。

「でも、専門的な事がわからないと業者に上手く言いくるめられてしまうんじゃ」
と思われる方もいらっしゃるでしょう。

そんな方は、NPO法人 建築Gメンの会に相談してみて下さい。
一級建築士や弁護士など専門家が集まっています。
電話での無料相談もやっています!

もっと、細かく対応策について知りたいという方は、こちら

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、建売住宅の購入を検討されている方が後悔しないために知っておいていただきたいポイントをご紹介いたしました。
少しでも役立てていただければ嬉しいです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

SPONSORLINK