一人暮らしの方必見!しつこいNHK受信料の簡単な断り方をご紹介!

SPONSORLINK

一人暮らしを悩ます問題の1つとして、NHKの受信料の徴収があります。

これから一人暮らしをされる方はNHKの話を聞いたことくらいはあるかもしれません。

NHKの受信料徴収は、しつこくてとても面倒です…

突然来て、身分証を見せ「NHKの契約を…」と話をしてきます。

一人暮らしを始めたばかりの方の中には、まだテレビが部屋にないという方もいらっしゃるでしょう。

ただ、そんなことを言っても、なんだかんだ言って契約をしようとしてきます。
(実際にテレビがないと言ってもあまり信じてもらえない感じです)

これが本当に、面倒!

そして話も長いんです…それに負けて契約してしまうという方も大勢いらっしゃるくらいです。

せっかく部屋でくつろいでたのに、ダラダラと話しをされるだけでも十分迷惑ですよね。

なので今回は、一人暮らしをされている方やこれから一人暮らしをするという方がNHKの訪問で無駄な支払いや無駄な時間を過ごさないために「断り方」をご紹介いたします。

そもそもNHK受信料って何?見てなくても払うの?

いきなり来て「NHKです。受信料を払ってください」なんて言われても、「え?なんで?」ってなりませんか?

だって、他のテレビ局は受信料なんて徴収に来たりしませんよね?

なので、まず「受信料ってそもそも何なのか」、そして「なぜ支払わないといけないのか」についてご説明いたします。

NHKの受信料は、NHK(日本放送協会)と契約を結んだ際に支払わないといけない負担金です。
もっと簡単に言うと、例えば新聞を見るのに新聞屋と契約したら毎月新聞代を支払いますよね。
そんな感じだと思ってください。

「じゃあ契約を断れば良いだけでしょ」と思いますよね。

しかし、先ほどの例の新聞と違う所は、新聞は勧誘に来ても読みたくなければ断れば良いのですが、NHKの契約はテレビを持っている方は断れないという事になっています。

「それは、いくらなんでも強引すぎるような…ちょっと納得がいかない…」

お気持ちは、わかります。

ですが、なんと!
テレビを持っているとNHKと契約をしなければいけないと法律で決まっているのです。
(この法律を放送法と言います)

なので、「NHKは見てません」という言い訳は契約できないという理由にはならないのです。

法律で決められているなら、払うしかないのでしょうか?

契約をすると支払う必要があります。

テレビがあることと、支払うという意思を契約という形で交わしているからです。

確かに、テレビを持っている方は、見てなくても契約をしないといけないと法律で定められていますが、実は断っても罰則ってないんです。

つまり、法律はあっても「罰金10万円」とか「懲役5年」などの罰は定められていないという事です。

だったら、テレビがあれば強制的に契約させられて、見てもいないのに受信料を支払うなんてしたくないですよね。

という事で、次は断り方をご紹介いたします。

受信料の断り方ベスト5!

玄関を開けない!

まず、モニター付きインターホンなど玄関を開けなくても相手が分かる場合は玄関を開けないという事です。

面と向かって話しができなければ契約も何もありません。

居留守を使うのと同じ状態ですね。

今お金もカードもない!

とにかく「支払いができない」という事だけ伝えましょう。

まさか「じゃあ財布の中身見せて下さいよ」なんて言う人はいないですから、確認のしようがありませんよね。

それに、ないものは支払えませんから、職員も帰るしかなくなります。

この時、「では契約書を置いていくので次に来る時までに書いておいて下さい」と言われて契約書を渡されることがありますが、受け取って破棄でかまいません!

うちにはテレビはない!

放送法でも、テレビがある場合は契約をしないといけないと決められています。

「じゃあテレビがなければ契約しなくていいの?」

と思いますよね?

その通りです!

そもそもテレビがない場合は、契約する義務はありません。

しかし、一つだけ注意点があります。

それは、もしテレビを持っているのに持っていないと言って契約を拒んだ場合は詐欺罪にあたる可能性があるという事です。

「えっ!じゃあダメじゃん」と思われるでしょうが、基本的に契約や受信料の徴収に来た職員は家に上がって確認するということをしません。

これは、家に上がってしまうと、後で「家の物を盗まれた」などと言われてしまう可能性があるからだそうです。

なので、良いとはいえませんが、テレビの有無が確認できないなら家主が「うちにはテレビはない!」と言ったら無いことになりますよねという事です。

ただし、契約を一度してしまった方が途中で解約するために、理由を「テレビが無くなった」とすると、NHK職員が実際に確認しに来ることがあるようです!

契約しないとハッキリ言う!

何度も言いますが、放送法という法律上は契約をしなければいけません。

しかし、罰則はありません。

違反しても罰がないなら、その法律守りますか?という事なんです。

でも、法律は破っても良いというわけではないので注意してくださいね!

「帰って下さい」とだけ言う!

ただ一言「帰って下さい」とだけ言うのです。

他の言葉は必要ありません。

これは、「帰ってくれ」とお願いしているのに一向に帰ろうともしない場合、「不退去罪(ふたいきょざい)」という法律違反になります。

この不退去罪には、罰則があります!

なので、このことを知っている業者や職員の方は自分から帰っていきます。

ただし、注意していただきたいのは「帰って下さい」以外の会話をしないという事です。

「うちにはテレビがないから…」「今ちょっと払えないです」と「帰って下さい」以外の言葉を発しないようにして下さい。

「帰って下さい」以外の話をしてしまうと、不退去罪が認められなくなる場合があります。

裏技!

実は、これまでの断り方以外に、かなり効果的な裏技とも言える方法があるんです!

それは、「立花さんに相談する」と言う。
これだけです。

「えっ?誰?」と言う方もいらっしゃるでしょう。

この「立花さん」とは、立花 孝志さんという方の事で、現在「NHKから国民を守る党」という、NHKに受信料を支払わない方を全力で応援する政党を作っていらっしゃる方です。

この方は、NHKの職員や契約にくる業者の間でも有名な存在になっており、関わりたくない存在だそうです。

また、「NHK撃退シール」というものを配布しており、これを玄関に貼るだけでNHKの人が来なくなってしまうのだとか…

すごい効果です!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、一人暮らしをされる方にとって面倒なNHKの契約について断り方をご紹介いたしました。
少しでも役立てていただければ嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

SPONSORLINK