【冬に起きる家でのトラブル】ヒートショックって何?原因と対策!

SPONSORLINK

これから寒い冬がやってきます。

冬が苦手という方も多いのではないでしょうか。
私もその一人です…

ところで、みなさんの中に自宅で部屋から廊下に出たときやお風呂に入るときに「寒っ!」と思った経験があるという方はいませんか?

私は、毎年経験しています…

冬は自宅の中にいても温度差が激しい季節です。

そんな寒い冬に自宅内で起こるトラブルとして近年注目されているのが「ヒートショック」です!

この時期よくテレビなどでも取り上げられるので、「聞いたことはあるけど、よく知らない」なんて方もいらっしゃるでしょう。

この「ヒートショック」は、場合によっては命に関わることもあるんです!

そんな恐ろしいヒートショックも、キチンと対策をしておけば予防することができるのです!

そこで今回は、冬場に自宅で起こる「ヒートショック」について原因と対策をわかりやすくご紹介いたします。

ヒートショックの原因は温度差によって引き起こされる血圧の変動!

そもそも「ヒートショック」とは、何のことを言うのでしょうか?

ヒートショックとは、温度の急激な変化によって血圧が大きく上下に変動することなどが原因となり起こる「健康被害」のことを言います。

人間の身体は、「寒い」っと感じると血管を縮ませて血流を抑え、身体の熱が逃げないように(体温が下がらないように)反応し対応します。

このとき、血管が縮むと血圧は上がります。

例えば、ホースで水を撒くときに、そのまま水を出してもその辺にジャバジャバと出てくるだけですが、ホースをつまむと圧が高くなり水は勢いよく出てきますよね。

寒いと感じて縮んだ血管もホースをつまんだ状態と同じなのです。
なので、寒いと血圧は上がります。

逆に暑いと、血管は開いて血圧は下がります。

例えば、脱衣所で寒いと感じた後に、暖かい湯船に浸かるなどすると、脱衣所で上がった血圧が、湯船に浸かったとたん急激に下がるという事が起こります。

この血圧の上がり下がりがヒートショックの原因です。

ヒートショック自体は病名ではありません。

しかし、ヒートショックによって引き起こされる健康障害が問題なのです。

ヒートショックによる健康障害

ヒートショックの原因がわかった所で、ヒートショックを起こしたことによる健康障害にはどのようなものがあるのかご紹介いたします。

主には以下の3つです。

  • 心筋梗塞
  • 脳梗塞
  • 急激な血圧の低下による意識喪失

以上の3つが挙げられます。

ここで、「ん?意識喪失って命に関わるの?」と思われた方もいらっしゃるでしょう。

確かに、血圧が下がって一時的に意識がなくなってしまったとしても、また血圧が上がれば意識は戻ってきます。

では、意識がなくなると危険なのはなぜでしょうか?

それは、意識がなくなる場所が問題なのです。

温度差が激しく、意識を失うと危険な場所ってみなさんどこだかわかりますか?

それは、浴槽の中です!

お湯に浸かった状態で意識を失うとどうなりますか?

そう!溺れてしまうのです…

これが、ヒートショックによる意識消失の恐ろしいところです。

2011年のものですが、東京都健康長寿医療センター研究所の調べによると、入浴中にヒートショックに関連した急死が約1万7000人となっており、この年の交通事故による死亡者数(4611人)の3倍以上に上ることがわかっています。

また、このような恐ろしいヒートショックを引き起こしやすい病気があるというのをご存知でしょうか…

それは、「高血圧」「糖尿病」「脂質異常症」です。

この病気にかかっている方は注意が必要です!

ヒートショックの予防対策

ここまでの説明で、「怖いな…」「どうすればヒートショックにならなくてすむの?」と不安に思われた方もいらっしゃるでしょう。

なので、ここからはヒートショック対策として予防法と注意点をご紹介いたします。

脱衣所や浴室、トイレの暖房器具設置と断熱の改修をする!

冬場はリビングや自室内など暖房器具によって温度が高めに設定してある暖かい場所と、脱衣所や浴室、トイレなど寒い場所があります。

この温度差がヒートショックの原因となるため、温度の低い場所に暖房器具を設置し暖かくしたり、外気を取り込んで冷やさないような断熱リフォームを行うことがヒートショック対策としては効果的です。

食事直後や飲酒後の入浴を避ける!

食後1時間以内や飲酒後の場合は、入浴時に血圧が下がりやすくなっているためヒートショックを引き起こしやすくなっており入浴を避けるのが良いでしょう。

お風呂のお湯は41℃以下に設定する!

お湯の温度が高いと、入った瞬間は熱いと感じて一時的に血圧は上がりますが、その後は温度が高い方が血圧の下がり幅は大きくなります。

そのため、お風呂のお湯の温度は41℃以下を目安にして下さい!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、冬場に自宅で起こる危険な「ヒートショック」について、原因と対策をわかりやすくご紹介いたしました。
少しでも役立てていただければ嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

SPONSORLINK