吹き抜けのある家のメリット・デメリット!失敗しないために役立つ知識

SPONSORLINK

吹き抜けのある家は人気があります。

人気の理由は、何と言ってもインパクトのある解放感と明るい印象でしょう!
住宅展示場や戸建ての内見などで見て「吹き抜け良いなー」と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ただ!
購入してから「あー、やっぱりやめておけば良かった…」だけは避けたいですよね!

そこで今回は、「吹き抜け」についてメリット・デメリットなど失敗しないために役立つ情報をご紹介いたします。

吹き抜けとは?

通常は1階と2階の間には天井がありますよね。
その天井がなく、1階と2階がつながっているような状態の空間を「吹き抜け(ふきぬけ)」と言います。

解放感が出て広さを演出できたり、光を取り入れて明るくすることができるので、玄関やリビングなどで多く見られますね。

吹き抜けがある家のメリット

解放感がある!

吹き抜けのメリットと言えば、やっぱり広い空間になるので圧倒的な解放感でしょう!

1階の天井がなく2階とつながっているわけですから天井は当然高くなります。
天井が高いので圧迫感がなくなり、見た目にとても広く感じて解放感がでるのです。

自宅を訪ねてきた友人やお客さんの入るリビングに利用する事で、圧迫感がなく、居心地の良い空間を作ることができるという効果もあります。

光が入り部屋が明るい!

吹き抜けにして2階部分になる高い位置に窓を作ることで、そこから光が差し込み部屋全体が明るくなります。
高い位置に窓が作れるので、隣近所が近い場合でも光が入りやすくなります。

私も自宅を建てる時に玄関を吹き抜けにする話がありましたが、結局吹き抜けにはしませんでした。
しかし、玄関は北向きで窓がないので日中でも電気を付けないと真っ暗です…
今となっては、「玄関はやっぱり明るい方が良かったな…」とちょっと後悔しています。

風通しが良くなり、自然換気ができる!

空気の流れについて言うと、空気は低い位置から高い位置に向かって流れる性質があります。
そのため、天井の高い吹き抜けでは下から上に空気が流れる効果が大きいので自然換気を行う事ができるのです!

また、空気の温度によっても流れができます。
暖かい空気は高い方へ流れますし、冷たい空気は低い方へ流れます。

このように自然に空気の流れができる事によって換気がしやすいと考えられます。

吹き抜けから家族の気配を感じたり、コミュニケーションを取ったりできる!

吹き抜けをリビングに作ることによって、リビングと全ての部屋とつながりを持たせることができるようになります。

そのため、2階からでもリビングの様子を見ることができますし、リビングから2階にいる家族を呼ぶこともできたりして、常に家族を近くに感じることができるでしょう!
家族間のコミュニケーション不足が解消されるかもしれませんね!

吹き抜けがある家のデメリット

部屋として使える面積が減る

1階の天井をなくし2階スペースとつなげて吹き抜けにすると確かに解放感はありますが、その分2階の部屋や収納として使える面積を減らすことになってしまいます…

都心などでは家を建てるための土地が狭いこともあり、吹き抜けを作ると使えるスペースが極端に少なくなってしまうという事も考えられますから、きちんと検討する必要があります。

高い位置の照明や空調の手入れが大変

1階の天井がなく吹き抜けになっているという事は、当然天井がとても高いという事になりますよね!
という事は、天井に設置した照明にはかなり高い脚立でも使用しないと簡単には手が届きませんよね。
そんな脚立は業者でもない限り普通持っていないですし、仮にあったとしても素人には危険な高さです…
なので、電気が切れてしまったとしても、ちょっと台に乗って交換というわけにはいきません。

また、吹き抜けの部屋に設置してあるエアコンなどの空調も照明同様に高い位置に設置してあることが多いので、メンテナンスや故障してしまった場合は大変でしょう…

これらは、素人には危険なのでお金はかかりますが業者に依頼するのがオススメです!

暖房が効きにくい

暖かい空気は、高い方に流れていきます。
そのため、リビングが吹き抜けになっている場合、暖房によって暖められた空気は2階に逃げてしまい中々暖まらない可能性があります…

私の自宅は吹き抜けではないのですが、リビングに階段があるため冬は暖房を効かせても中々部屋が暖まりません…

光熱費が高くなる

冬は暖かい空気が上に行くため暖房を効かせても1階は寒くなりやすく、夏は暑い空気が2階に上がるため冷房つけっぱなしでないと耐えられないくらいの暑さになる可能性があります。
これでは、冷暖房の使用効率が悪く電気代などの光熱費が高額になる可能性があります。

地震に弱くなる可能性がある

吹き抜けにすると絶対地震に弱くなるというわけではありません。
耐震設計がきちんとしていれば問題はありませんが、吹き抜けの大きさや構造によっては地震に対して弱くなる可能性もあるという事です。

音が他の部屋まで届いてしまう

吹き抜けから音が漏れやすくなるのは想像しやすいでしょう。
一部屋一部屋、壁や扉で区切られている場合と比べ、吹き抜けは音が周りに伝わりやすく聞こえやすくなってしまいます。

臭いが広がる

広がるのは音だけではありません。
吹き抜けによって臭いなども広がります。

私の自宅でも、リビングでお好み焼きや焼き肉などをすると臭いが2階に広がってしまい後が大変です。
なので、毎回窓を全開にして、空気清浄機の脱臭機能をMAXにしています…

転落事故の危険性

吹き抜けは1階と2階がつながっているため、2階部分からの転落という危険があります。
高さはかなり高いので、万が一転落してしまった場合は命に関わる可能性もあるので注意が必要です!

吹き抜けによるものだけではありませんが、自宅内での転落事故件数は多いので、吹き抜けからの転落防止対策を建築前に建築士さんと検討し対策をしておくことが大切になるでしょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、今後住宅購入を検討されている方の中でも「吹き抜け」のある家についてメリット・デメリットをご紹介いたしました。
家は高額な買い物なので、失敗しないための情報を詰め込んであります。
是非参考にしていただければ嬉しいです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

SPONSORLINK