床暖房とエアコンのコスト比較!お得なのはどっち?

SPONSORLINK

寒い冬でも暖かい快適な生活を送るために必要なのが暖房器具です。

その中でも注目を集めている「床暖房」
確かに床暖房は暖かいですが、「電気代などのコストは高いの?安いの?」という事が気になる方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、冷暖房器具として利用の多いエアコンと床暖房のコストを比較してみました。

これから床暖房を入れようか迷っていらっしゃる方は是非参考にしてみて下さい!

床暖房の種類

床暖房には大きく分けて2種類あります。
それが「電気式」と「温水式」の2つです。

では、電気式床暖房と温水式床暖房について簡単にご説明いたします。

電気式

電気ヒーターを床下に張り巡らせておき、電源を入れることで床を温める仕組みの暖房器具です。
電気式は、リフォームなどで後付けしやすいという事や初期費用が温水式に比べて安いというメリットがあります。

温水式

温水式床暖房は、床の下にパイプを張り巡らせておきます。
そして、そのパイプの中を給湯器などで暖められた温水が流れる事で床を温める仕組みになっている暖房器具です。
電気式に比べて、初期費用は高いようですが、維持費は安いというメリットがあります。

初期費用を比較

エアコンの初期費用

エアコンの初期費用は、物や対応の広さによって大きく異なります。

6畳用で、大体35,000円~65,000円程度となっているようです。
12畳用では、60,000円~100,000円程度で購入できます。
また、エアコンは買えば終わりではなく、設置費がかかる事が多いためその費用もプラスされます。

(エアコンの代金+設置費用) × エアコンが必要な部屋数 = 初期費用

となります。

床暖房の初期費用

温水式

温水式床暖房の場合は、初期費用が6畳で約60万程度かかります。

電気式

電気式床暖房の場合は、初期費用が6畳で約30万程度(資材+工事費)かかります。

初期費用はエアコンが1番安い

床暖房(温水式・電気式)とエアコンの初期費用を6畳で比べると

エアコン:35,000~65,000円程度+設置費

床暖房:約30~60万円

エアコンの方が安いというのがわかります。
6畳で比べると10倍近く違いますね…

維持費用を比較

エアコンと床暖房では電気代(ガス代)はどちらの方が安いのでしょうか?
また、月々どのくらいかかるのでしょうか?

それぞれ見ていきましょう!

  6畳 8畳 10畳
エアコン 2700円 3200円 4300円
電気式床暖房 3900円 6100円 7300円
温水式床暖房 3300円 4200円 5200円

(1日8時間使用した場合の目安の料金です)

維持費もエアコンが1番安いようです!

維持費の節約方法

電気料金プランの見直し

料金の節約では、やはり電気料金プランの見直しが1番早く、そして簡単に効果が出せます。

今は電力自由化で決まった会社としか契約できないなんてことはありません。
そのおかげで様々な会社が電気の使用量に合わせたプランを出していたりします。

先日、私にもガス会社から電話がありまして、「電気料金が安くなるかも」と言うので、とりあえず見積もりをしてもらいました。
すると、今の電気代よりも年間で数千円やすくなるという結果がでました。
このように、会社やプランによって料金を節約できる可能性があります。

窓からの冷気を遮断する

家の中の熱のほとんどは窓から逃げていきます。
窓をちゃんと閉めていても逃げます!

なぜ、窓から熱が逃げてしまうのでしょうか?

それは、窓の断熱性の低さにあります。
家の壁には、断熱材が入っていますし厚みもあります。
しかし、窓は壁に比べ薄いですよね。
また、多くの家で使われているアルミサッシは断熱性が低いのです。

だから、窓から熱を逃がさないようにすることが部屋を効率的に暖め、結果として電気代が安くなるということなのです!

では、窓の断熱効果を上げる方法を3つご紹介いたします。

カーテンで断熱効果を上げる

まずは、カーテンです。
カーテンであれば何でもいいというわけではありません。
できるだけ断熱効果の高いカーテンをしようすることで、夏涼しく冬暖かい部屋にする事ができます。

窓ガラスに断熱フィルムを貼る

窓ガラスは普通1枚のガラスでできています。
が、これでは熱を伝えやすく、外の冷たい空気を中に伝えてしまいます…
そこで、断熱フィルムを貼るという方法があります。
窓に直接貼るだけなので簡単です。

90cm × 180cmの大きさで1600円程度で購入できます。

断熱ガラスに変える

窓の断熱効果を上げるために、フィルムを貼るのもいいですが、窓ごと変えてしまうという方法があります。
断熱ガラスに変えるという方法です。
断熱効果の高いガラスにする事で外の冷たい空気を中に伝えにくくします。

床暖房とエアコン長持ちするのはどっち?

では、床暖房とエアコンでどちらが長持ちするのか比べてみましょう!

エアコンの耐用年数は大体10年と言われています。

床暖房の耐用年数は約30年以上です。

床暖房はエアコンの3倍以上長持ちすることを考えると単に初期費用や維持費が安いエアコンが1番安いとも限らないですよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、寒い時期に気になる「床暖房」と「エアコン」、結局コストが安いのはどちらかという事についてわかりやすくご紹介いたしました。
少しでもお役に立てれば嬉しいです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

SPONSORLINK