【中古住宅値引きのコツ】値引きを成功させる方法とタイミング!

SPONSORLINK

家を買うと言えば、新築!というイメージをお持ちの方も多いでしょう。

しかし、最近では「リノベーション」や「DIY」という言葉が話題となり、以前に比べて中古の一軒家を検討されている方が増えてきているようです。

中古物件は、新築に比べると安いとは言え、家を買うわけですから当然高額な買い物になります。
「少しでも安く買いたい」と思う方が多いのは当然です。

そこで今回は、中古住宅を安く購入するために値引きするコツについてわかりやすくご説明いたします。

中古住宅って値引きする事ってできる?

中古住宅の値引きは可能!

「中古(住宅)とはいえ、値引きってできるの?」と疑問に思っていらっしゃる方も多いでしょう。

値引きすることは可能です!

もちろん、全ての中古住宅で値引きをしてもらえるわけではありません。

ただ、中古住宅は新築に比べて値引きの交渉はしやすい場合が多いです。
(不動産屋の間で値引きできる可能性がある物件を「交渉の余地あり」なんて言ったりします)

家は、どんなにキレイに使っていたとしても時間の経過とともに劣化してくるものです。

なので、当然新築のような値段で売れるという事はありませんし、劣化の程度や経過年数によっては相場の割に安く手に入れられる可能性もあります。

また、家を売りたいと思っている人(売主)が、なぜその家を売ろうと思ったかという理由によって値引きできる可能性が高くなったりもします。

例えば、売主さんが早く売ってお金(現金)が手元に欲しい理由がある場合「少しくらいなら値引き交渉に応じて早く売ってしまいたい」なんていう場合です。

このように理由は様々ですが、値引き交渉をすることはできるのでポイントを押さえて交渉してみましょう!

中古住宅の値段の付け方

中古住宅が売りに出される時、値段ってどうやって決めているかご存知ですか?

この値段は、不動産屋が「この家なら大体このくらいでしょう」って決めているわけではありません。

不動産屋は、その家の様々な状況から「大体このくらいかな…」という金額を出すことはできます。
しかし、最終的に売値を決めるのは売主さん自身なのです。

ここにも値引き交渉ができる理由があります。

それは、家の値段を決めるのは売主さん自身なので「このくらい(の金額)で売りたい」「このくらい(の金額)はするだろう」という少しでも高く売りたいという思いが当然あります。

しかし、その値段はとても買いたいという希望者が現れる値段ではない(相場より高い)場合があるのです。

つまり、その分値段の交渉の可能性が出てくるという事です。

交渉をしやすくするための下調べ

中古住宅が交渉によって安くなる可能性がある事はおわかりいただけたと思いますが、いきなり値引き交渉に入るのはあまり得策とは言えません。

簡単な下調べによって、値引いてもらえる可能性がどのくらいあるのかを知る事も大切です。

そこで、初めて家を買うという方でも押さえやすいポイントを3つご紹介いたします。

その家がいつ頃から売りに出されているかを知る

その家がどのくらいの期間売りに出されているのかを知るために、売りに出された時期を知っておきましょう。

売りに出されてから時間が経っても売れない場合、売主さんも「この値段のままでは売れないかもしれない」と弱気になり、価格の交渉がしやすくなる可能性が高くなることもあるからです。

この情報は不動産屋が知っていますので、担当者と良い関係を築いて何気なく聞き出してみて下さい!

いきなり聞くと「値引き交渉してくるな」と感づかれて構えられてしまうので、いろんな物件の内見に回りながら担当者と話をして良い関係を築くのがポイントです。

聞き方としては、「なんでこんな良い家を売る事になったんですか?」の返答に対して、「へ~、それって最近なんですか?」と聞くと割と自然に売りに出された経緯と時期が聞けるでしょう。

売りに出された経緯を知る

その家が売りに出されることになった理由を知る事も大切です。

この理由によって、売主さんは「早く売りたいのか」それとも「まだそんなに焦っていないのか」を知ることができます。

「早く売りたい」と思っている場合、当然「少し安くなっても売ってしまおう」と思われる事が多いからです。

この情報も不動産屋から聞き出すことになります。
聞き方としては、「こんな良い家なのに、何で売る事になったんですか?」と聞くのが自然でしょう。

いつ建てられた建物かを知る

一般の戸建て住宅は、木造であることがほとんどです。

木造住宅の場合の寿命は、35年と言われています。

35年経つと壊れるというわけではありませんが、修復しないといけない箇所がどこかしら出てくるでしょう。

築年数が古いとそのようなリスクも高くなる分、値引き交渉の可能性はあるでしょう。

築年数は、不動産屋に聞いても知っていますが、案内図(よく不動産屋の窓に貼ってある間取りや金額が書かれた紙)にも「築年数」が書かれていますのでチェックしてみて下さい!

値引き交渉のコツとタイミング

値引きの金額を設定しておく

値引き交渉に入る前に、どのくらいの値段なら買うのかを決めておきましょう。

その上で、その金額より少し安めの金額から交渉に入ると良いでしょう。

安めの金額で納得してもらえればラッキーですし、もしダメでもその後も交渉していくことが可能です。

タイミングは、金額以外の条件に納得した後

交渉はどのタイミングで行うのが良いのかというと、実際に家を見て「この家欲しいな」と思う物件が見つかったとしましょう。

その段階では、まだ交渉はしません。

その家についての情報を不動産屋にもらい、十分に検討した上で「金額次第では、買おう」と決まってから交渉に入るようにしましょう。

「とりあえず」での値引き交渉は、良い印象を与えないので避けたほうが良いでしょう。

買う意思を伝える

交渉の1歩目は、「その家を買う意思がある」という事を不動産屋の担当者に伝える事です。

まだ買ってもらえるかどうか分からない人が、いきなり値段の交渉をしてきたらあまり感じの良いものではないですよね…
そんな人に無理に売らなくても、次に「買いたい」という意思のある人を探すだけです。

あくまで、値段次第では「買う」という意思を伝えることが大切です。

交渉は、不動産屋の担当者が行います。
なので、担当者が「交渉が上手くまとまれば買ってもらえる」と思えば、できる限りの交渉をしてもらいやすくなるでしょう。

その家が欲しいという思いを売主に伝える

売主さんはその家に対する思い入れがありますから、できれば「この家がとても気に入ったので、どうしても私に売って欲しいんです」という思いのある人に買って欲しいでしょう。

そんな思いを持った人が現れれば、売主さんは多少交渉に応じてでも気持ちよく「売ってあげたい」と思うものです。

なので、金額以外の条件には納得していて「この家がどうしても欲しい」という思いを不動産屋に話すと、担当者から売主さんに思いを伝えてもらえるでしょう。

値引きが必要な理由を伝える

できるだけ安く買いたいという思いはわからなくもありませんが、交渉に何の理由もなく「あと100万安くして」では売主さんを不快にさせるだけです。

そのため、「築年数が古くリフォーム費用がかかりそう」「修繕費がかかる分を安くしてほしい」など、値引きが必要な理由を伝えるようにしましょう。

理由が明確であれば、値引き交渉に応じてもらえる可能性が高くなります。

仲介する不動産屋と良い関係を築いておく

売るかどうかを決めるのは売主さんです。
しかし、売主さんに交渉をするのも、その物件の細かい情報を知っているのも間に入っている不動産屋の担当者です。

そのため、担当者と良い関係を築いておくことで、値引き交渉に力を入れてくれたり、その物件について細かい情報を教えてもらえる可能性が高くなります。

家の値引き以外に費用を安くする方法

中古住宅とは言え、家の購入金額は他の買い物に比べて高額ですから、できるだけ費用は抑えたいと思われる方がほとんどでしょう。

では、住宅の値引き交渉以外に費用を少しでも安くする方法ってあるのでしょうか?

実は、物件価格以外に変えることのできる費用があります。

それは、不動産屋に払う報酬「仲介手数料(ちゅうかいてすうりょう)」です。

仲介手数料には、売買の金額によって上限は決められていますが、安くしてはいけないという決まりはありません。

交渉によって安くしてくれるという不動産屋は少ないようですが、交渉してはいけない訳ではありません。

不動産屋によっては、「仲介手数料半額」や「仲介手数料無料」としている所もありますので、そのような不動産屋を選ぶ事で、購入費用を少しでも抑える事が可能になります。

値引き交渉での注意点

値引きは購入する意思があるときだけ!

買う気持ちもないのに「とりあえず」で値引き交渉をすると、売主さんからの印象は悪くなりますし、不動産屋も相手にしてくれなくなってしまいます。

これでは、良い物件を紹介してくれる優先順位が下がってしまったり、交渉をしてみても「これ以上は下がりません」と最初から言われてしまったりと良い事はありません。

なので、「金額次第では買う」という意思が固まった時にだけ交渉をするようにしましょう。

強引な値引き交渉は逆効果…

良い物件をできるだけ安く買いたい気持ちはわかりますが、「(値段を)下げろ、下げろ」と言われては売主さんも売りたくなくなってしまいます。

「もう、あの人には売りたくない」と思われてしまっては、値引き交渉どころではなくなってしまいます。

そのため、あまり強引な値引きはせず、あくまで売主さんと折り合いがつくようにじっくりと交渉していくことをオススメします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、中古の戸建て住宅をできるだけ安く購入するための値引き交渉術をご紹介いたしました。
少しでも役立てていただければ嬉しいです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

SPONSORLINK