賃貸のお部屋で穴はどのくらいまで大丈夫?画鋲なら良いの?釘は?

SPONSORLINK

現在賃貸でお部屋を借りている方も、これからお部屋を借りようと思っていらっしゃる方も、お部屋を借りてから壁に時計を掛けたりポスターやカレンダーを貼ったりされるときにどうやって掛けたり貼ったりしますか?

おそらくほとんどの方が、画鋲などを壁に刺しそこに引っ掛けるという方でしょう。

しかし、そもそも部屋の壁に穴なんて開けても大丈夫なのでしょうか?

空けても良いならどのくらいまでなら許されるのか気になりますよね?

そこで今回は、賃貸のお部屋で「壁に穴を空けても良いのか?」「どのくらいまでなら良いのか?」「空けてしまったときの対処法」についてわかりやすくご説明いたします。

壁に穴を空けてはいけない?

そもそも大前提として、賃貸のお部屋は、傷をつけないようにキレイに使って下さいね。
もし、傷をつけてしまった場合は、お部屋を出るときに元通りキレイにして出ていかなければいけませんよ、という決まりがあります。
※この決まりを「原状回復義務(げんじょうかいふくぎむ)」と言います。

お部屋を必要以上に汚したり壊したりしてしまった場合、お部屋を借りた人が元に戻すというのは借りた人の義務ということになります!

だとしたら、壁に穴を空けてはいけないような気がしますよね。

しかし、これでは掛け時計やカレンダーを掛けることもできませんし、現実的に考えて非常に不便ですよね。

そこで、お部屋を借りる人が費用を負担して入居前の状態に戻さなければいけないものと、費用を負担しなくてもいいものが国が定めたガイドラインというものに記載してあります。

このガイドラインによると、カレンダーを掛けたり時計を掛けたりするのは日常生活で必要なので、そのために必要最小限であれば穴が空いてもお部屋を借りた人の負担にはならないとされています。

穴は画鋲やピンの大きさまでOK!

では、必要最小限とは一体どのくらいまでであれば必要最小限の範囲内ということになるのでしょうか?

ガイドラインには、画鋲やピンによる穴であれば日常の生活を過ごしていく中で空いても仕方のないものとされています。
つまり、画鋲やピン程度であれば穴も小さいですし、カレンダーなど日常生活に必要な物の範囲内ということです。

では、釘ではどうでしょうか?

ガイドラインでは、釘は日常生活の範囲とは認められておらずお部屋を借りた人の負担で元に戻さなければならないとされています。

なので、穴は画鋲やピン程度の物であればOK!

しかし、釘やネジ穴は借りた人が費用を払って元に戻してくださいということです!

もし費用を請求されたらどうすれば良いの?

壁に画鋲やピンであれば穴を空けても大丈夫という事をお伝えいたしましたが、借りたお部屋が新築で壁もキレイな場合は「請求されたりしないかな」と心配になったりしますよね。

先ほどもお伝えした通り、画鋲やピンであればお部屋を借りた人が費用を払う必要はありません!

万が一、その穴を修復するための費用を請求されてしまった場合、その請求は大家さんの都合による請求になるので支払いを拒否することができます

このお部屋を元に戻す費用(原状回復費)に関するトラブルの相談を契約に関わっていない不動産屋にしても解決が難しいというのが現状です…
なので、原状回復トラブルの相談窓口としては、国民生活センターという所がありますのでご相談ください!

国民生活センター公式サイト

これで安心していただけたと思いますが、「それでも心配…万が一請求されたら断れないかも…」という方は、入居前に大家さんか案内をしてくれた不動産屋に確認しておきましょう。
そこで、確認が取れていれば安心ですよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、賃貸のお部屋で壁に穴をあける場合どのくらいの大きさであれば大丈夫なのかということについてわかりやすくご説明いたしました。
少しでも役立てていただければ嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

SPONSORLINK