パントリーの使いやすい間取りや位置・広さについてご紹介!

SPONSORLINK

これから家を建てるという方や今家探しをしているという方の中には「パントリーってあった方が良いのかな?」「どんなパントリーが使い勝手が良いのかな?」と迷っている方もいるのではないでしょうか?

私も家を購入するときに、今まで住んできた賃貸のお部屋にはパントリーなんてなかったので「必要かな?」と思い迷った経験があります。

そこで今回は、パントリーのメリット・デメリットや間取り、理想のパントリーについてわかりやすくご紹介いたします。

パントリーとは

パントリーとは、キッチンのための収納スペースのことです!

キッチンは、調味料や食材、調理器具など多くの収納を必要とします。
そのためのスペースということです。

私の家もパントリーがあります。
共働きのためちょこちょこ買い物に行くことが難しく休みの日にまとめ買いをするので、パントリーのような広い収納スペースがあると、とても便利です。

パントリーのメリット・デメリット

では、パントリーにはどんなメリットとデメリットがあるのか見ていきましょう!

メリット

パントリーのメリットは、収納スペースがある事でキッチン周りの整理整頓がしやすいことです!

キッチンには、調理器具や調味料、食材、食器など、多くの物があります。
キッチン事態にも収納スペースがありますが、常に使う食器や調理器具、調味料などでいっぱいになります。
私は家を購入するときにパントリーを作るか迷いました。
これまで住んできた部屋にはパントリーなんてなかったし、使わないかもしれない無駄なスペースはなくして部屋を広くしたかったからです。
ですが、現在パントリーは食材やストックの調味料、ホットプレートやガスコンロなど一時期しか使用しない調理器具でいっぱいです。
収納スペースがあることで、物が散乱することもなくキッチン周りをキレイに保つことができています。
なので、私自身はあって良かったと思っています。

また、日本は地震大国なので、非常食などストックするのにも役立つでしょう!

デメリット

パントリーのデメリットは、それなりのスペースが必要になるということでしょう。

多くの物を収納するためには、その分スペースが必要ですよね。

パントリーでも、2畳近くある広いパントリーから、折り戸を開ければ収納スペース(棚のようなもの)となっているものまで様々です。

なので、どのくらい収納スペースが必要なのかをよく検討しないで、広いパントリーを作ってしまうと無駄なスペースとなってしまう可能性があります。

パントリー間取り

パントリーには2種類あります。

扉付きの棚になっているような「クローゼットタイプ」と、ウォークインクローゼットのように中に入れて奥行のある「ウォークインタイプ」です。

では、パントリーの間取りにはどのようなものがあるのでしょうか?

間取りは、キッチンでの作業動線上に奥行の浅いクローゼットタイプが設置されているか、キッチンの隣や背面にウォークインタイプのものが設置されているというのが一般的でしょう。

理想のパントリー4つのポイント!

広さ

1つ目のポイントは、パントリーの広さです!

収納する物がそんなにないのに、やたらと広いパントリーを作るのはスペースの無駄遣いですよね…
そうならないために、住む人数や物の多さをみて、どのくらいの広さがあれば十分かをよく検討しましょう!

人によって収納する物の量が違うので一概には言えませんが、3人くらいならクローゼットタイプで十分でしょう。

奥行

パントリーで大事なのが、棚の奥行です。
何も物が入ってない状態で奥行のあるパントリーを見ると広く感じて良いなと思ってしまいます。

が!
あまり奥行がありすぎても、いざ物を取るときに奥の物は取りづらいだけです…

パントリーの奥行の目安は、40cm程度がベストでしょう!

我が家のパントリーの棚の奥行は、なんと60cmもあります…
ハッキリ言って奥に物を入れると取りづらいので手前にしか物を置くことはなく、もったいないだけです…

皆さんは、こんな失敗をしないで下さい!

換気

ほとんどの方がパントリーに食材を置かれると思います。
そこで重要になるのが換気です!

換気ができないと、梅雨の時期など湿気がたまりカビが生えたりしてしまいます。
食材を置くとなると注意が必要ですよね。

キチンと換気ができるようになっているか確認しましょう。

また、換気できるようになっていない場合は、適宜ドアを開けて換気するようにすると良いでしょう!

可動式の棚

パントリーには、どんなものを収納するかわかりません。
背の高い物や低い物、横幅の広い物など様々です。

そのため、高さを自由に変えられる可動式の棚がオススメです!

パントリーでの失敗事例

パントリーに扉がなく中が丸見えに…

「パントリースペースを作ったのはいいが、扉のないタイプのためキッチンからパントリーの中が丸見えになってしまう。扉を付ければよかった」
という方がいらっしゃいました。

「人に見られるかも」と思うと常に整理しておかなければいけませんし、余計な気を遣ってしまうのかもしれませんね。

棚が固定されていて収納できる物が限られる…

「最初からパントリーの中の棚が固定されていて、その棚の高さに合ったものしか収納できない」
という方もいらっしゃいました。

これでは、収納できるものが限られてしまい本当に収納したい物が収納できない可能性があります。
これでは何のための収納スペースなのかわかりませんね…

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、あると便利なパントリーについてメリット・デメリット、間取りなどをご紹介いたしました。
少しでもお役に立てれば嬉しいです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

SPONSORLINK