【初心者の資産形成】投資信託とは?メリットとデメリットをご紹介!

SPONSORLINK

将来に備えて投資を始めてみたいなと思っている方は多いでしょう。

そんな投資の1つである「投資信託(とうししんたく)」ってご存知ですか?

最近、CMなどでも頻繁に広告しているので聞いたことくらいはあるという方もいらっしゃるでしょう。

しかし、投資信託について知らない方も多く存在するのは事実です。

まだ「株式投資」や「FX」に比べたら知名度も低く、どんな投資か内容をよく知らない方は多いです。

今回は、投資を始めたいと思っている投資初心者の方に「投資信託」がどのような投資なのか、また「メリット・デメリット」は何なのかをご説明いたします。

投資信託(とうししんたく)とは?

これから投資を始めようという投資初心者の方は、そもそも投資信託(とうししんたく)ってどんな投資なのかご存じない方が多いでしょう。

投資信託とは、「投資を信じて託す」と書きます。
投資の運用をプロを信じて託すということです。

つまり、投資信託を簡単に言うと、投資家が投資としてお金を出して、その金をプロが運用して出た利益の中から投資家の投資額に応じてお金(配当)が返ってくるという投資です。

投資をするのには、それぞれの投資に関しての知識や運用方法は当然のこと、どうすれば利益を出すことができるかについて知っておかなければなりません。

しかし、それらの知識は専門性が高く内容はとても難しいです。

また、投資のプロが運用しても失敗するころもあるくらい投資というものは難しいとも言えるでしょう。

投資信託は、そんな難しい知識を知らなくても投資の運用をプロに任せて利益が出るのを待つだけの投資と言っても良いでしょう。

また、投資信託には大きく分けて、いくつかの種類があります。

まず、「公社債投資信託(こうしゃさいとうししんたく)」というものがあります。

これは、投資の対象が債券であるものを「公社債投資信託」と言います。
こちらは、プロが運用する投資の中に「株式投資」が組み込まれていない投資になります。

そして、「株式投資信託(かぶしきとうししんたく)」があります。

こちらは、先ほどの「公社債投資信託」と違い、株式投資を組み込むことができる投資のことを言います。

この「公社債投資信託」と「株式投資信託」を、さらに「単位型」と「追加型」に分けることができます。

「単位型」とは、決められた期間しか購入することのできないものを言います。

「追加型」とは、いつでも買う事の出来るものを言います。

 

メリット

少額からでも投資ができる

若い方では、まだ給料も少なく投資に高額を費やすことは難しいでしょう。

ですが、この投資信託は、1万円くらいから投資が可能です。

また、最近では月々1000円を積み立てて行える投資信託もあるため、まだお金のない若い方でも始めやすい投資と言えるでしょう。

運用をプロに任せられる

投資をしたいけど始められないという方の多くは、投資は難しく個人で始めるには失敗のリスクが大きいというものがあるでしょう。

しかし、その難しい運用をプロに任せられる投資信託は、投資初心者には向いている投資とも言えるでしょう。

個人では困難な国や金融商品に投資できる

投資信託は、海外の株や金融商品など、個人で投資するには難しいものにも投資することができます。

また、興味はあるけど個人で投資することが難しい新興国※の株を購入することもできるのです。
※先進国に比べ経済成長が遅いが、特定の条件が満たされれば高い経済成長が見込める国の事

デメリット

個人ではかからない費用がかかる

個人で、株式投資を行う場合は、株の購入時と売却時にかかる手数料がコストとしてかかります。

しかし、投資信託では、手数料以外にもその投資の運用にかかる費用など、プロに任せているが故の費用がかかってきます。

他にも、運用期間が決まっておりその期間の途中で解約すると別途費用がかかるものもあります。

元本は保証されていない

運用をプロに任せているからといって絶対に損をしないということはあいりません。

例えば、100万円投資をしてプロに運用してもらっても、元本の100万円を切ることはないとは言い切れません。

プロに運用費用を払い運用を任せても、元本割れするようなこともあるということです。

投資初心者の方が個人で運用するよりはリスクが低いかもしれませんが、任せても元本割れするような場合もあるということも知っておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、投資の中の「投資信託」について「投資信託とは?」や「メリット・デメリット」を投資初心者でもわかりやすくご説明いたしました。
少しでも役立てていただければ嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

SPONSORLINK