オール電化とガスの併用はどっちがお得?光熱費のコストを比較!

SPONSORLINK

みなさん「オール電化」という言葉を聞いたことはありませんか?

最近テレビCMなどで頻繁に耳にするようになってきましたね。

それに伴い実際にオール電化の家は増えてきています。

私も、オール電化にしている友人から「毎月の支払が安い」という話を聞いたことがあります。

実際のところどうなのでしょうか?

毎月の光熱費は少しでも安い方が良いですよね。
なので、どちらの方が安くなるのかは重要ですね!

そこで今回は、「オール電化」と「電気とガスの併用」では、どちらがお得なのかについてわかりやすくご説明いたします。

オール電化とは?

みなさん「オール電化」がどんなものなのかご存知ですか?

その名の通り「すべて電気」という事です!

「ん?すべて電気?すべてって何があるの?」
と思われる方もいらっしゃるでしょう。

例えば、ガスコンロではなく「IHクッキングヒーター」だったり、ガスの給湯器ではなく「電気給湯器(エコキュート)」だったりという事です。

つまり、ガスを一切使わないで全て電気でまかなう事を「オール電化」というのです!

オール電化のメリット・デメリット

メリット

まずは、オール電化のメリットにどんなものがあるのかをご紹介いたします。

  • ガス料金がなくなるので、料金請求が一本化されわかりやすい!
  • 深夜電力を使えば、ガスよりも光熱費の節約になる!
  • 建設時にガス配管の工事が不要な分コストを抑えることができる!
  • 直接火を使わないので、火災になる危険性が低い!
  • ガスを使わないので、キッチンの場所が自由に選べるので好きな間取りにできる!
  • 太陽光発電などの自家発電を同時に利用することで、電気代も抑えられる!
  • 災害時、ガスに比べ電気の復旧が早い!
  • IHクッキングヒーターは掃除がしやすい!

オール電化のメリットとしてはこのようなものがあります。

デメリット

次は、オール電化にすることによるデメリットについてご紹介いたします。

  • オール電化にするための費用が、電気・ガス併用に比べ高い…
  • 電気のみに頼っているため、停電など電気が使えない場合に困る…
  • 電気代が高くなるとコストが上がってしまう…
  • 給湯器の湯切れを起こすと昼間の割高な電気代でお湯を沸かさないといけなくなる…
  • 一度オール電化にすると、ガス併用に変更することが容易ではなく、コストもかかる…

というデメリットもあります。

電気とガス併用のメリット・デメリット

メリット

電気とガスを併用している場合のメリットをご紹介いたします。

  • 設置等の初期費用がオール電化に比べ安い!
  • 給湯器の交換費用も安い!
  • 災害時等、停電の影響が少ない!

などのメリットがあります。

デメリット

電気とガス併用時のデメリットをご紹介いたします。

  • 直接火を使うため、火災の発生リスクがオール電化に比べると高い…
  • ガスの配管の都合上、キッチンの間取りの制限を受けることがある…

電気とガス併用のリスクは以上です。

初期費用はガス併用!毎月の光熱費はオール電化がお得!

オール電化のメリットとデメリット、電気とガスを併用した場合のメリットとデメリットから、その大きな違いは、導入時にかかる初期費用とその後毎月かかる費用にあることがわかります。

まず導入時にかかる初期費用は、圧倒的に電気とガス併用の方が安くなっています
具体的な金額でいうと、ガスコンロとガス給湯器の費用と工事費用を合わせて約30~40万程度です。
それに比べオール電化の場合は、IHクッキングヒーターや電気給湯器の費用と工事費を合わせて、約70万から高い物で100万を超える場合もあります。

そして、毎月かかる料金はというと、オール電化の方が安くなります
金額的には、大体毎月2000円~3000円程度安くなるでしょう。
(これは一般的な使用例なため、生活スタイルによっては異なる事があります)
1年間にすると、25,000円から35,000円程度節約できる計算になります。

これらのことから、「どちらが得か」というよりも、導入時にかかる初期費用が安いのは電気とガスの併用で、毎月の料金が安いのはオール電化だということです。

あとは、それぞれのメリットとデメリットを見比べて自分に合う方を選ぶと良いでしょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「オール電化」と「電気とガスの併用」それぞれのメリットとデメリット、そして「どっちがお得なのか?」ということについてわかりやすくご説明いたしました。
少しでも役立てていただければ嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

SPONSORLINK