【不動産屋探し】大手の会社を選ぶメリットとデメリットをご紹介!

SPONSORLINK

お部屋を借りようとか買おうと思った時に、みなさん不動産屋に行きますよね?
そんな時、誰もが名前くらい聞いたことがあるであろう大手不動産屋と、その街にしかない地域密着の不動産屋のどちらが良いのか迷ったことってありませんか?

私も学生時代から一人暮らしを始めて現在まで何度も不動産屋にお世話になりましたが、探していた時には「やっぱりテレビCMでよく見かける大手の方が安心かな?地元の事は街の不動産屋の方が詳しいのかな?」と迷った記憶があります。

そこで今回は、大手の不動産業者を選ぶときのメリットとデメリットについてわかりやすくご紹介いたします!

大手を選ぶメリット

信用度が高い

大手企業は多くの賃貸や売買の取引をやってきた実績があります。
地域にある街の不動産屋も取引はしていますが、会社規模で考えると取引数が違います。
という事は、これまでの取引からトラブルにならないように対策をきちんと立てられています。
つまり、トラブルになる可能性が少なく信用力が高いという事になるでしょう。

扱っているお部屋の数が多い

テレビCMや誰もが聞いたことのあるような大手不動産会社は、独自の情報網があったり自社で取り扱う物件を持っていたりと、扱うお部屋の数が多いというのも大手不動産会社のメリットでしょう。

扱うエリアが広い

大手は日本全国に支店があります。
そのため扱う物件数と同様に扱っているエリアも広く、各支店間での情報交換によって広いエリアの物件情報を取得することが可能です。
扱う対象エリアが広いので、どこにある物件でも対応してもらえるというのもメリットでしょう。

新しい(築浅の)お部屋を多く扱っている

大手ならではの独自のネットワークがあることから、新築などの新しい物件を取り扱っている事が多いです。
新しい物件を選ぶという事は、お部屋や建物がキレイなだけでなく、流行を取り入れたりセキュリティーなどの最新の設備が備わっている魅力的な物件でもあります。
その分家賃は高い事が多いですが、予算に少し余裕のある方にとっては大きなメリットでしょう。

接客態度・サービスが良い

不動産屋と言えば、「ちょっと怖い」なんてイメージをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
私も実際に関わってみて全ての不動産屋ではありませんが、ちょっと態度が横柄だったり、威圧的な感じを受ける営業マンの方はいらっしゃいました。
どんどん減ってきていると思いますが…
ただ、大手の不動産屋は社員教育もきちんと行っているので、対応の仕方なども行き届いていることが多いです。

大手を選ぶデメリット

地域に関する情報が街の不動産屋に比べて少ない可能性がある

大手の不動産屋は支店が多いので、いろんな情報を知っているような感じもしますが、スタッフはその街に住んでいない事も多いです。
それに比べると、地域密着でその街に住み営業している不動産は、地域にあるお店の事や住むと役立つ情報を知っている可能性が高いです。

私も街の不動産屋にお世話になったときには、どこに美味しいお店があるとか、どこのお店が安いとか、実際に生活する上で必要な情報をいろいろと教えていただきました。
これって、結構ありがたい情報ですよね!

扱っている物件の賃料が高いことが多い

大手企業は独自のネットワークを活かしたし新築や築浅のお部屋を多く扱っているのですが、やはり新しいお部屋は家賃が高くなってしまいます。
予算が少なく「とにかく安いお部屋を…」と思っている方にとっては、選択肢が少なくなる可能性もあるでしょう。

1人のお客さんに時間をかけての接客が難しい可能性も…

大手は、テレビCMや紙面、インターネットを使っての広告や宣伝を多く行っているので、その分お客さんの数も多いです。
そのため、丁寧に接してくれて対応は悪くないでしょうが、忙しいため見込みのあるお客さん(買ったり・売ったり・借りたり)への対応が優先される可能性が高くなります。
また、ご存知の通り不動産屋はお部屋を紹介したり売ったり、買ってもらったりして仲介手数料をもらう仕事です。
なので、忙しく多くのお客さんを担当する大手営業マンの場合、手数料の高い方を優先する可能性もあるでしょう。

大手不動産会社でお部屋を選ぶのが向いている人

忙しくて中々不動産屋に行けない方

大手不動産会社は、インターネットを使ったお部屋探しも簡単にできるようにホームページも整備されています。
そのため、中々不動産屋に行く時間がないという方にとっては、空いた時間でインターネットを使ってパソコンやスマホでお部屋探しができ、お部屋探しにかかる時間を短縮できるので大手不動産会社が向いていると言えるでしょう。

物件探しにかけられる時間が短い方

お部屋探しに時間がかけられる方は、いろんな不動産屋を回って、そこで紹介されるお部屋をじっくり見比べる事ができるでしょう。
ただ、進学や就職などでお部屋探しに1日2日しか時間がかけられないという方も多いでしょう。
そんな方は、いくつも不動産屋を回るよりも、多くのお部屋を扱っている大手に行って探すのが効率的で向いているでしょう。

とにかくトラブルが心配な方

お部屋を借りたり、戸建てやマンションを買ったり売ったりする時に頼りになる不動産屋ですが、この仕事は金額も高く、大家さんと部屋を借りる人、家を売る人とその家を買う人など、人と人との間に入る仕事なのでトラブルが多い仕事でもあります。
そのため、これまでに多くのトラブルに対応し、同じトラブルが起こらないように対策を練ってきた大手はトラブルを避けたいという方に向いているでしょう。
これは、街の不動産屋はトラブルが多いという訳ではなく、あくまで取引の回数(経験値)の差によって、大手の方がより安心という事です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、これからお部屋や家を探そう(売ろう・買おう)と思っていらっしゃる方の不動産屋選びの基準になればと思い、大手不動産業者のメリット・デメリットについてご紹介いたしました。
少しでも参考にしていただければ嬉しいです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

SPONSORLINK